【季節限定・数量限定】千年一 新酒 しぼりたて原酒 720ml

日本酒

※写真は720mlの瓶です。

平成29年の新酒が誕生
若々しい麹が口中で広がるしぼりたてのうす濁り新酒です

「しぼりたて原酒」はこの時期、蔵元でしか味わえなかったしぼったままの「生原酒」。
生酒は、製造からお店に並ぶまで一切加熱処理(火入れ)を行ってない日本酒のこと。
フレッシュでフルーティな味わいと香りが楽しめます。
歴史を誇る千年一酒造の「しぼりたて原酒」720mlをご用意いたしました。

こちらの商品は数に限りがございますので、お早めにご注文ください。

少しシュワ~とする生酒は、新酒の時期だけのお楽しみ

原酒は搾ったお酒に水を加えていないのものです。
加水するお酒に比べるとアルコール度数が少し高くなりが、風味が濃醇になります。
酒蔵の味にふさわしく新鮮でとろりとした舌ざわりと芳香な味と香りをお楽しみください。
若々しい麹の香りが、口中で広がります。
濃醇・旨口なテイストがとても口当たりよく、女性にも人気です。
尚、あえて、粗しぼりでにごりを残すことで、麹の旨み、香りが引き立つように つくっております。

生産風景
淡路島の酒蔵「千年一酒造」

生産風景

明治8年創業の島の酒蔵「千年一」

淡路島の東海岸、朝日に輝く海を眼前に見下ろす町、東浦。

そこに住む人は新鮮な魚と、山の幸で旨い地酒に舌鼓を打ちます。

「千年一酒造」は東浦で地酒を造り続けて140余年、大震災で大打撃を受けながらも、 蔵の一部を建て直し、 宮水と同質の鍾馗山(しょうきさん)の山水、最良の米、杜氏達の手の温もりを感じる麹とで漁師の町に似合う旨い酒を造り続けています。

千年一酒造は、2000、2001、2011、2012、2015年度全国新酒鑑評会にて金賞受賞(千代の縁)、また2010年に、最優等賞吟醸酒(兵庫県知事賞)を受賞しました。

千年一

「手造り」のこだわり

千年一の酒は「手造り」です。
日本酒造組合中央会では「手造り」の基準を自主基準として厳格に定めています。

1 甑(こしき)で米を蒸す
2 麹蓋(または箱)で製麹する
3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

以上の3つの条件を満たした製法で作られている場合のみ「手造り」を謳うことができます。

千年一

1 甑(こしき)で米を蒸す

千年一

2 麹蓋(または箱)で製麹する

千年一

3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

千年一

「千年一」は昔ながらの造り酒屋と呼ぶにふさわしいたたずまいで手造りにこだわり、伝統の技を頑なに守りながら常に「誠実」をモットーに高品質の酒造りに取り組まれています。

インフォメーション

    
清酒
内容量 720ml
酒造会社 千年一酒造株式会社
原材料名 米、米こうじ(国産米100%使用)、醸造アルコール
原料米 日本晴
日本酒度 +2
アルコール度数 19~20度
精米歩合 70%
保存方法 冷暗所で保存してください。
備考  

【季節限定・数量限定】千年一 新酒 しぼりたて原酒 720ml

価格: ¥1,100 (税込 ¥1,188)
[ポイント還元 11ポイント~]
販売期間: 2017年11月25日00時00分~
2018年03月31日22時59分
ご購入される方の生年月日をご記載下さい:
*未成年者の飲酒は法律で禁止されており、未成年の方にアルコールの販売はできませんので、生年月日を下欄に西暦からご記入ください。
1980年10月22日の場合の記入例
19801022
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 4.8 (4件)

twitter

お客様の声

uni_hime様 投稿日:2018年01月08日
おすすめ度:
リピートです。 度数は高いのですが 口当たり良く甘み(旨み)を感じ、飲みやすいです。実家に持参し元旦に皆で頂きました。 期間限定なのが残念。要冷蔵でなければ何本かまとめて買いたいところですが、、、家の冷蔵庫が千年一だらけになってしまうので(笑)  また来年も購入させて頂くと思います♪
Michel様 投稿日:2017年02月02日
おすすめ度:
新酒らしく、うすにごりで少しシュワシュワと発泡してました。スパークリング的なお酒ですが、旨味もあって美味しくいただきました。

お店からのコメント

ありがとうございます。
新酒は短い期間だけお楽しみいただけます商品です。
またよろしくお願い致します。

りく様 投稿日:2017年01月04日
おすすめ度:
母は美味しい。辛口系なの?と言ってました。あと、もっと冷やして呑んだ方が良かったとのことで、次回土産として持って行った時には直ぐ冷蔵庫に入れたいと思います。

お店からのコメント

ありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

もっと見る

ページトップへ