淡路島特産練り物(あわじ天ぷら・あわじ竹ちくわ)詰合せ

練り物詰め合わせ

淡路島の魚介すり身を使った練り物の詰合せ

厳選した魚介すり身を使用し産地にこだわった素材を自家工場で作っている練り物の詰合せです。
淡路島を代表する名物『竹ちくわ』は、魚のすり身を天然の青竹に巻いて焼き上げた、四半世紀を超えるロングセラー商品です。おやつに、またあわぢびーるや地酒の肴に最適です。

誕生は1990年。淡路島~神戸間を24時間運航をしていた「淡路フェリー」の船内で販売されていた大人気の商品でした。
明石海峡大橋開通と同時にフェリーは廃止されましたが、
その後、淡路ハイウェイオアシスにて販売を移管し、今も人気は衰えない時代を超えて愛されている商品です。

ちなみに、淡路島の東浦バスターミナルにある世界で唯一の「ちくわの自動販売機」でも
この竹やんを1本から販売しているとのこと。
肉厚のしっかりしたちくわをこんがりと独自の工程によって焼き上げた竹ちくわ。ぷりぷりの食感が大人気です。
「竹ちくわ」の仲間の人気商品「鯛ちくわ」もセットに入っています。

そして淡路島産玉ねぎをふんだんに使用し、淡路島産玉ねぎのシャキシャキ感を生かしながら、ボリュームたっぷりに仕上げたこだわりの天ぷら『あわじ天ぷら 玉ねぎ』と食べやすい『ひとくち天ぷら淡路玉ねぎ』もセットになったお得なパッケージです。
淡路島産玉ねぎと新鮮な魚介すり身が抜群の相性で美味しさを引き立て合います。

商品イメージ

名物竹ちくわ「たけやん」

四半世紀を経て変わらぬ人気、淡路島名物・竹ちくわ「たけやん」5本入り。

魚介の旨味と風味が味わえる竹ちくわ。淡路島では定番のお土産として人気です。

ちくわ工場

旨味と風味の秘密は自家工場の練り物職人がこだわりを持って作るから。
新鮮な魚を使い、その加工を丁寧にスムーズに行うことで魚介の風味を生みだします。

工場練りもの

肉厚さも竹ちくわのウリのひとつ。
生地が竹に厚く巻かれ…。

ちくわ焼き1

一本一本しっかり焼き上げていきます。

ちくわ焼き2

ちくわ焼き3

肉厚さからくる食感の良さ、魚の風味。そのどちらも贅沢を、しっかりと引き出す調理法です。

ちくわ焼き4

淡路島の魚介のおいしさがギュッとつまった竹ちくわが完成しました。
そのままおかずにするのはもちろん、さまざまな使いみちができるおいしいちくわです。

商品イメージ

名産鯛ちくわ

淡路島名産 鯛ちくわ(3本)

鯛のすり身をふんだんに使い、淡路島の自家工場名産の鯛ちくわです。
高級感があり上品な口あたりと、独特の奥深い甘みが抜群です。
淡泊ですが、旨味の強い鯛の風合いをお感じいただける逸品としております。

たこ天全体

あわじ天ぷら 玉ねぎ

あわじ天ぷら。淡路島素材の美味しさが感じられる一品です。

ひら天状態(プレーン)でも充分なおいしさが感じられる 厳選した魚介のすり身。
そのすり身をベースにしています。美味しさと旨味がぎゅっと詰まっています。

天ぷらベルトコンベア

こだわった素材の良さを活かした状態で揚げる、そのタイミングがこの美味しさの秘訣です。

天ぷら完成

練り物職人が独自に生み出した配合で作られた生地。
そこに、甘みと奥深い味わいの淡路島の「たまねぎ」が、混ぜ込まれていきます。

インフォメーション

原材料名 [竹ちくわ] 魚肉(タラ・イトヨリダイ)、卵白、澱粉、調味料(アミノ酸等)、食塩、ワイン、甘味料(ソルビット)、保存料(ソルビン酸)、魚介エキス、醤油、リン酸塩(Na)
[鯛ちくわ] 魚肉(イトヨリダイ、タラ、レンコダイ、グチ)、卵白、澱粉、調味料(アミノ酸)、食塩、植物油、砂糖、甘味料(ソルビット)、味醂、保存料(ソルビン酸)
[淡路天ぷら玉葱] 魚肉(タラ、イトヨリダイ)、玉葱、卵白、澱粉、調味料(アミノ酸等)、食塩、植物油、砂糖、甘味料(ソルビット)、味醂、保存料(ソルビン酸)、リン酸塩(Na)
(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
内容量 竹ちくわ2本、鯛ちくわ1本、淡路天ぷら玉葱2枚、淡路天ぷら玉葱(小)5枚
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
賞味期限 製造日より7日(パッケージに記載)
備考  

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

淡路島特産練り物(あわじ天ぷら・あわじ竹ちくわ)詰合せ

価格: ¥1,000 (税込)
[ポイント還元 10ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


電話番号

ページトップへ