一本一本、トマト一筋に育てあげた「淡路島産完熟トマト」【2月上旬頃~】

トマト

トマト農家の情熱と淡路島の太陽が作り上げた、自信作です。

「夢の中でトマトと喋っていることもあります―――」

『島と暮らす』が自信をもってお届けする淡路島産完熟トマトを育てているのは、自社農園トマト担当の鮫島です。
いつもトマトのことばかり考え、夢の中ではトマトと喋っていると彼は語ります。
彼のほとばしる情熱と愛情をもって、淡路島産トマトは一本一本、育てられています。

この商品は現在品薄となっており、発送までお時間をいただく場合がございます。
詳しい発送日等はご注文の後、メールにてご案内させていただきます。

トマト

トマトづくりは土づくりから

良い土、良い肥料、栽培方法(愛情入り)、そして島の長い日照時間。これらが揃って美味しいトマトが出来上がります。
淡路島産トマトに使われる土は、椰子の木皮を細かく砕いて混ぜ込んだココピート。
これにトマトに必要な窒素、リン酸、アミノ酸など必要十分な肥料を元肥として添加し、トマトづくりに適した特別な土を作ります。

ポット栽培で一本一本を大切に

一つのポットに、一つのトマトの木。一本一本の木の様子を確認しながら、
毎日液肥の量を調整し、灌水(かんすい)させています。
また、受粉も人の手で時間をかけて一本一本行っています。以前、蜂による受粉を試みたこともありましたが、
花が崩れ、美しいトマトに仕上げるには、適さないことが分かりました。
非常に時間と根気のいる作業ですが、美味しいトマトを作るため、手間は惜しみません。

トマト

完熟の濃い旨味、甘み、香り

収穫されたトマトは、島の長い日照時間で鮮やかに色づきます。通常、流通しているトマトは、未熟なうちに収穫し、出荷されますが、「島と暮らす」は自社農園栽培なので、木で完熟するまで待って収穫しています。
香りは甘く、サイズをこぶりに抑え、代わりに中にギュッと旨味と甘味が凝縮しています。
トマトの品種は「桃太郎」。トマト特有の青臭みと酸味を抑え、子供たちにも親しみやすい味と香りが特徴です。
また完熟状態で日持ちがする品種でもあります。

手間をかけて育成できる数には限りがあるため、少量しか生産できず、収穫できるのも秋から初夏にかけての期間に限られていますが、是非一度体験していただきたい逸品です。

トマト

まずは生でそのまま。火を入れるとさらに甘く、旨く。

おススメの食べ方は、「かぶりつき」。まずは生で旨味を感じていただきたいと思います。
土作りから、一本一本の苗、一つ一つの果実まで丁寧に丹精を込め育てた
味わい深い完熟トマトを、是非ご賞味ください。

トマト

淡路島・自社農園産トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

淡路島・自社農園産トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

?トマトはモッツァレラと同じ位か、やや大きめのサイズのものが最適です。
 完熟トマトの方が赤色が綺麗で、味も濃く、また美肌の素リコピンも豊富とされているのでお勧めです。

?トマトは水洗いした後ヘタを除き、縦に5~7mm幅でスライスします。
 なるべく中心辺りを使うと大きさも揃いやすく出来上がりの見栄えも良くなります。

?モッツァレラはトマトよりやや薄め、4~5mm幅にスライスします。

?バジルの葉は、枝から一枚ずつ外して使います。
 3色が見えるように盛り付けると、彩りが良くなり綺麗に見えると思います。

インフォメーション

原材料 トマト
内容量 1 kg(6~9個)
保存方法 冷蔵で保存
備考 クール便で発送します。
完熟での発送となるため、到着後はお早めにお召し上がりください。
収穫時期によりサイズに多少のバラツキがございますので、ご容赦下さい。

一本一本、トマト一筋に育てあげた「淡路島産完熟トマト」【2月上旬頃~】

価格: ¥800 (税込)
[ポイント還元 8ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.4 (18件)

twitter

お客様の声

たまちゃん様 投稿日:2017年04月09日
おすすめ度:
実がしっかり詰まって甘いトマトでした。
やはりそのままが一番です。
満月ぽん様 投稿日:2017年04月08日
おすすめ度:
名前のとおり、本当に完熟でおいしかったです。
今井利夫様 投稿日:2017年04月05日
おすすめ度:
濃厚な味で美味しい。
もっと見る

ページトップへ