糖度8以上 淡路島産高糖度春トマト

トマト

島と暮らすが満を持してお届けする「春トマト」

当「島と暮らす」でご好評をいただいている「トマト」に、「高糖度春トマト」のラインナップが加わりました。
さらに美味しく、甘くなるように研究に研究を重ね、最低でも糖度が8以上となるトマトがお届けできる数を、ようやく揃えられるようになりました。(中には、糖度が10程度になるものもあります!)

「島と暮らす」自社農園産、本当に愛情と自信のつまったトマトです。高糖度を追及するため、様々な工夫と手間ひまをかけて生育しています。

お届けできる数が限られており、また発送までお時間をいただく場合がございます。
詳しい発送日等はご注文の後、メールにてご案内させていただきます。

トマト

積算温度 1100℃日

トマトが成熟するためには、一定の気温の合計(積算温度)が必要であり、

それは一般的に、開花から成熟収穫までに1100℃日であると言われています。
つまり一日平均20℃なら、55日間となります。
夏は気温が高いので、すぐに積算温度が1100℃日に達しますが、
冬の寒い時期にハウスでじっくりと育てると、生育期間が長くなり、
その間に徐々に糖度をその実に蓄えていきます。
「島と暮らす」の農園では開花から収穫まで、温度管理を徹底しながら
たっぷりと時間をかけてトマトを育てています。

トマト

過酷な環境を再現することで糖度を上げる。

トマトはもともと雨の少ない過酷なアンデス地方の高山植物です。
与える水分量をギリギリまで絞ることにより
トマト自身が実に糖度を蓄えようとします。

あまり大きく育たず、サイズにもばらつきが出ますが、
果肉は肉厚になり、水分、糖度を逃さずガードするようになります。

トマト

さらなる旨味、甘み、香り

通常、流通しているトマトは、未熟なうちに収穫し、出荷されますが、「島と暮らす」は自社農園栽培なので、木で完熟するまで待って収穫しています。
香りは甘く、サイズをこぶりに抑え、代わりに中にギュッと旨味と甘味が凝縮しています。
トマトの品種は「桃太郎」。トマト特有の青臭みと酸味を抑え、子供たちにも親しみやすい味と香りが特徴です。
また完熟状態で日持ちがする品種でもあります。

手間をかけて育成できる数には限りがあるため、少量しか生産できず、2月~5月頃までの限定品です。

トマト

まずは生でそのまま。

おススメの食べ方は「かぶりつき」です。生で旨味を感じていただきたいと思います。
切って軽く塩を振っていただくと、旨みと甘味が引き立ちます。
火を通して料理に使っていただいても、違いを感じていただけると思います。
島の潮風を受けて、じっくり育てた春トマト。ご賞味ください。

インフォメーション

名称 トマト
原産地名 淡路島
内容量 1 kg(9~12個)
保存方法 冷蔵で保存
備考 クール便で発送します。
完熟での発送となるため、到着後はお早めにお召し上がりください。
収穫時期によりサイズに多少のバラツキがございますので、ご容赦下さい。

糖度8以上 淡路島産 高糖度春トマト

価格: ¥1,600 (税込)
[ポイント10倍中 160ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ