奥様への愛情から生まれた淡路島の名品 「淡路島極上こだわりすだちぽん酢」

すだちぽん酢

徹底的にこだわった素材、30年以上の味の追及から生まれた絶妙ブレンド。

『醤油』
小豆島の国産丸大豆天然本醸造醤油に、名古屋中区の醤油蔵元の深い旨みとコクのある本醸造たまり醤油を取り寄せてブレンドし、一般の醤油よりコクのある味に仕上げています。


『だし』
淡路島の自然に恵まれた海の幸、いわし、アジ、小えび等から取ったダシに、土佐・焼津のかつお、利尻・真昆布のダシを合わせています。

『柑橘類』
徳島県佐那河内・勝浦・上勝・神山・等の特産地で、最も香りの良い時期に収穫した「すだち」
徳島県木頭村の一番香り高い時期に一年分を確保し、特殊製法で保存した「ゆず」
さらに徳島県産の「ゆこう」をブレンドし、程よい酸味とまろやかさを実現しました。

以上、吟味を重ねた素材をブレンドし、口当たり良く、おいしさの余韻が残る様に仕上げています。このブレンドにたどり着くまで、30余年の研究を重ねてきました。
極上すだちぽん酢は甘みを抑え、お酒が大好きな食通の方におすすめです。てっちり&魚ちり&かにちりなどに合わせて是非一度ご賞味いただきたい逸品です。

朝日放送(ABCテレビ)でも、イチオシぽん酢として紹介

朝日放送(ABCテレビ)の2015年2月26日放送された「松本家の休日」で紹介され、松本人志さん、宮迫博之さん、たむらけんじさん、さださんにお召し上がりいただきました。また、2015年5月30日放送の「大阪人の謎カル”チャー”」では、たむらけんじさんの「イチオシ」ぽん酢として紹介されました。

すだちぽん酢

淡路島名物「釜上げしらす丼」に、たかはしのぽん酢

奥様への愛情から生まれた淡路島の名品

ぽん酢造り名人の高橋さんは、昭和40年淡路島すもと公設市場に「野菜&漬け物」の店をオープンし、以来40年以上にわたり地元の人気店として愛されています。高橋さんと、ぽん酢作りとの出会いは食卓での出来事がきっかけでした。

「毎日でもOK」と語るほど、高橋さんご夫妻は大の鍋もの好き。家族で大好きな魚ちりを食べるときはいつも、橙の絞り汁をしょうゆ&昆布等をブレンドし、手作りでぽん酢を作って食していました。

しかし、高橋さんの奥様は人一倍のどが敏感で、少し酸味がきついと激しくむせていました。奥様のためにも、何とか「適度な酸味と喉こしの良いまろやかなぽん酢」が出来ないものかと、試行錯誤を繰り返して、気が付けば30数年の間、ぽん酢を作り続けていました。

どんな手間をかけてでも、納得のいくぽん酢を作りたいと思い、また素材選びには、贅沢ではないかと思うほどにこだわり抜きました。そしてついに、30年の時を経て、納得のいくぽん酢を仕上げることができたのです。
「こうして仕上げたぽん酢を家内がとても喜んでくれたことが、何よりも嬉しかった」と高橋さんは語ります。

利益ではなく、味の追及を――。
「究極のぽん酢」作りを目指して、今日も高橋さんは味の追及を続けています。

インフォメーション

内容量 360ml
原材料 本醸造しょうゆ・醸造酢・すだち果汁・ゆず果汁・ゆこう果汁・だし汁(淡路産煮干「いわし・小えび・あじ」・本かつお)・利尻昆布・調味料(アミノ酸等)・(原材料の一部に大豆「遺伝子組み換えでない」・小麦・えびを含む)
賞味期限 製造日より10ヶ月
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。開栓後は冷蔵庫に入れてなるべく早くお召し上がりください。
備考 すだち、ゆずの成分が浮上することがありますので、よく振ってお召し上がりください(柑橘類は四国産使用)

奥様への愛情から生まれた淡路島の名品 「淡路島極上こだわりすだちぽん酢」

価格: ¥864 (税込)
[ポイント還元 8ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


電話番号

ページトップへ