淡路島産にぼし(いりこ)

にぼし

鮮度抜群、コクのある深い出汁が出ます。

淡路島近海でとれたカタクチイワシのにぼしです。
関東では、にぼし(煮干し)
関西では、いりこ(炒り子)
と呼ばれるのが一般的です。

しらす漁

にぼし(いりこ)、しらす(ちりめんじゃこ)の一大産地

明石海峡、鳴門海峡、紀淡海峡と、3つの海峡に囲まれた淡路島近海は
日本一とも呼ばれるほど潮の流れが速く、潮のながれがぶつかり合う海域で、豊富な餌に恵まれた漁場です。
激しい潮の流れの中で育つカタクチイワシの稚魚)は身が引き締まり、
全国トップクラスのしらすの水揚げ量を誇る一大産地となっています。

成長中のお子様や妊娠中の方に

にぼしは、非常に優れたたんぱく質や、ミネラル分を多く含んだ食品の優等生です。
また、カルシウムの多さは食品の中でもトップクラス。
美味しさの素をたっぷりと蓄えていますので、豊かで力強い旨みが味わえます。

にぼし出汁で作る玉ねぎとワカメのお味噌汁

シンプルで深い味わい

調理イメージ

◆材料
5カップ
煮干し 30g
味噌 32g
乾燥ワカメ 2g
玉ねぎ 小玉1玉
◆調理(煮干しだしの取り方 4~5人前)
煮干しの頭と、腹の部分にある黒いワタを取り除きます。
※だしに香ばしさが欲しい時は、下ごしらえをした煮干しを油をひかずにフライパンで軽く煎ると良いでしょう
水を入れた鍋に煮干しを入れて、30分以上浸します。
煮干しが十分に水を吸ったら、強火で沸騰させます。
沸騰したら弱火にして、アクを取り除きながら5~10分煮出します。
目の細かいザル、もしくはキッチンペーパーで漉せばだし汁の完成です。
*この分量で4~5人前です。
◆ポイント

頭とワタは生臭さの原因になるのでしっかりと取り除きます。

◆調理(お味噌汁 2人前)
乾燥わかめは水で戻し、水気をきっておきます。
玉ねぎは縦1/4にカットします。
鍋に(1)~(4)で作っただし汁を320cc入れて火にかけ、玉ねぎを入れ、煮立たせます。
煮立ったら、ワカメを入れます。
だしが沸騰し、具材に火が通ったら一度火を止めます。
沸騰を沈めたら味噌を溶き入れ、煮立たせないように注意しながら火を入れます。
煮えばなを椀によそって完成です。

インフォメーション

品名 煮干いわし
原材料名 いわし、食塩
内容量 100g
賞味期限 枠外記載
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
備考 本製品で使用しているいわしは、エビ・カニ・イカ・サバが混ざる漁法で採取しています。

淡路島産にぼし(いりこ)

価格: ¥391 (税込)
[ポイント還元 3ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ