地酒 純米大吟醸 無限大(都美人)(送料込)

地酒無限大

2009年ANA国際線ファーストクラス搭載酒。
2016年度IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジSAKE部門)推奨商品に選定

こちらの商品は現在「冬ギフト」対象商品として、送料無料となっております。

千代の縁

島の魚を、島のお酒で

槽掛け天秤搾り 純米大吟醸

純米大吟醸『無限大』は、選び抜かれた最高級の酒米山田錦を惜しみなく磨き上げ、厳寒期に極めて少量仕込む手造りのお酒です。米と米麹から造られるこのお酒は大吟醸の中でも蔵の威信と蔵人達の精魂の限りを尽くして醸されます。特に杜氏の技を厳しく問われ、極上の一品を醸すのに不眠不休の日が続くこともあります。

その香味は、上質のものだけがもつ馥郁としたあふれるような米の旨みが伝わります。純米大吟醸『無限大』は限りなく最高のものを追い求めていく蔵の熱い思いを託し命名いたしました。

地酒無限大

蔵の一刻・・・自然風味をそのままに無ろ過処理

日本酒は通常壜詰め時に、雑味や色素を吸着および除去する目的としてろ過処理を行います。
都美人の大吟醸は、低温でゆっくりと発酵させ、30日以上かけて熟成させます。
手間暇を惜しまずに作り上げた酒は香味が良く、米の旨味が十分にのったよりピュアな酒に仕上がります。
酒本来の味を楽しんでいただくために、あえて「ろ過処理」を行っておりません。

日本酒

淡路島南部の酒蔵10軒が志を一つにして誕生した「都美人」

淡路島は、国生み神話の舞台として、古事記、日本書紀に登場する、古代歴史ロマンの島で、おのころ、いざなぎ神社をはじめ各所に史跡、名勝が残されています。
蔵は昭和20年、島の南部の10軒が志を一つに合併。酒銘『都美人』はその中の一軒で、 もと伏見の酒造家の商標でした。創業当初に存在した様々な銘柄から一番響きの良い名前を採用したいわれがあります。

2007年、2009年 全国新酒鑑評会金賞受賞。2009年ANAファーストクラス搭載酒(無限大)2006年ANAビジネスクラス搭載酒(雲のごとく=雲乃都美人)。

日本酒

古来より多くの人々に詩情やロマンをかきたててきた淡路島

淡路島の北には世界最長の吊り橋である明石海峡大橋、南には世界最大級の渦潮を眼下に見下ろす大鳴門橋がかかり、両大橋の間を神戸淡路鳴門自動車道が繋いでいます。その高速道路を下りて淡路島に入ると、今でも懐かしく素朴な農村、漁村の風景が続いています。
清らかな水、澄んだ空気、鮮やかな緑、穏やかな光、そしてそれらを包む瑠璃色の海が広がる光景は、私たち日本人の原点を感じさせ、心の深い部分を癒してくれます。
そんな淡路島は書き尽くせないほどの『山の幸』『海の幸』に恵まれています。古来朝廷に食材を献上した『御食国』(みけつくに)と呼ばれたこの島に、それらを際立たせる銘酒が育まれてきているのも自然の理かも知れません。

日本酒

時代にこびない正統派の蔵

「都美人」は、米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを考え続けています。
時代にこびず、酒造りの基本である山廃仕込みを創業以来かたくなに守っている正統派の蔵です。
山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質で、スッキリとした中にも奥行きの深い味わいを実現しています。
特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。
是非、淡路島の銘酒をお楽しみ下さい。

日本酒

天秤搾り(てんびんしぼり)とは

醪(もろみ)を狐の顔に似た桶(狐桶)で丁寧に酒袋に詰め、整然と酒槽(さけふね)に敷き詰めていきます。
その上に盤木を重ね、天秤棒で少しずつ加圧しながら酒を搾る方法です。
機械搾りの倍の時間を要しますが、搾られる酒は純粋な米の香味を引き出し、芳醇な酒質を生みます。
都美人では、今は全国に数軒と言われるこの天秤搾りで酒造しています。悲しいほど手間暇がかかりますが、100年来の製法が蔵の思いを伝えます。

日本酒

インフォメーション

         
内容量 720ml
酒造会社 都美人酒造株式会社
原料米 兵庫県産山田錦100%
美味しい飲み方 常温・冷やして
日本酒度 +4.0
アルコール度数 16度以上17度未満
酸度 1.5
精米歩合 40%
原材料名 米(国産)米麹(国産米)
備考 2009年ANA国際線ファーストクラス搭載酒。
2016年度IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジSAKE部門)
推奨商品に選定

都美人 地酒 純米大吟醸 無限大

価格: ¥5,400 (税込)
[ポイント還元 54ポイント~]
生年月日をご記載下さい:
記入例 1980年1月1日
*未成年者の飲酒は法律で禁止されております。
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


電話番号

ページトップへ