本格手延べ麺 淡路島ぬーどる

ふし麺

淡路島の伝統産業「そうめん」から生まれた「淡路島ぬーどる」

淡路島産玉ねぎと、鯛に淡路牛に3年とらふぐ・・・
島内38か所の麺処で、趣向をこらした麺料理が食べられる「淡路島ぬーどる」プロジェクト。
その中で使われている淡路島の新しい麺が、この「淡路島ぬーどる」です。
太さ2ミリ、長さ38センチ。
ひやむぎより太く、従来の素麺の2倍の長さ。存在感抜群の麺です。
和風にも洋風にもアレンジ可能なまさしく新しい「ぬーどる」です。

「淡路島ぬーどる」(御食国プロジェクト)

ふし麺

淡路島の麺作り

淡路島では古くからそうめん作りが営まれてきました。
淡路島の南西端、南あわじ市・福良では、冬場は漁に出られない日もありました。
そこで地元の漁師さんたちが、地場産の小麦粉と、目と鼻の先の四国鳴門の塩を使って副業にそうめん造りを始めたと言われています。
昔ながらの製法で作られる淡路島手延べそうめん。
今では機械製麺が主流ですが「手延べ」と「機械製麺」では、麺の「グルテン」というたんぱく質の構造が異なり、
ひいては、「コシの強さ」に大きな違いを生みます。もちろん、手延べ麺の方が、強いコシの麺となります。

そうめん作りで培われてきた技術と伝統を受け継いだ新しい麺が、この「淡路島ぬーどる」なのです。

そうめん作業

淡路島ぬーどるの茹で方

麺:100gに対して、水:1リットルが目安です。

1.大きめの鍋で沸騰した1リットルの湯の中に麺100gを入れます。

2.再び沸騰すれば吹きこぼれない程度に火加減を調節してください。

3.ゆであがればざるに移し、水を流しながらよくもみ洗いをしてください。

淡路島ぬーどる トマトの冷製パスタ風

商品イメージ

◆材料

(2人分)

淡路島ヌードル 300g
ニンニク 小さめ1カケ
トマト 1個
バジル 5枚程度
レモン 1/2個
エキストラバージンオイル 適宜
塩コショウ 適宜
◆調理
1. 淡路島ヌードル(300g)を茹で上げる
 ※茹で方は「淡路島ヌードル」の裏をご参照ください。
トマトはお好みの食べやすいサイズにカットする。
ニンニクはすりおろしておく。(市販のおろしニンニクでもOK)
茹で上げたヌードルを冷水(氷水)で冷やしてザルに上げる。
ヌードルをボールに入れ、トマト(カット)と、おろしニンニクで和える。
次にバジルを入れて和えたのち、レモンを絞りお好みに合わせオリーブオイルで和える。
最後にお好みで、塩コショウで味を調えて出来上がり。
お好みの皿に盛り付け後、好みのトッピングで彩を加える。

インフォメーション

名称 手延べ干しめん
原材料名 小麦粉、食塩、食用植物油
内容量 300g
賞味期限 1年
保存方法 直射日光及び高温多湿を避け保存
備考 本品製造工場では、そば、卵を含む製品を製造しています。

【ポイント特別還元対象商品】本格手延べ麺 淡路島ぬーどる

価格: ¥463 (税込)
[ポイント還元 41ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星なし 4.0 (1件)

twitter

お客様の声

minabusu様 投稿日:2017年05月16日
おすすめ度:
他の麺商品がすごく美味しかったので、こちらも試してみました。
うどんでも素麺でもない、ツルっともっちりで食べごたえもあり好みでした!

でも、ちょっと長めで茹でずらかったので星4つにしました。

ページトップへ