フランス料理のシェフが考案した「ベイクドチーズケーキ 和栗」

チーズケーキ和栗

こだわり食材をつかった絶品スイーツ

フランス料理のシェフが考案し、島のスイーツ工房で作ったベイクドチーズケーキのシリーズです。
最高級と言われるフランス産kiriのクリームチーズはじめ、選び抜かれた良質の素材をふんだんに使い、
シンプルに、しかし味わいは深く仕上げております。

「ベイクドチーズケーキ 和栗」は、香り高いクリームチーズに、ホクホクした和栗のペーストを練り込んで焼き上げたケーキです。栗はスイーツの世界でも大活躍の食材ですが、チーズとの相性も良く、チーズケーキにはもってこいです。

チーズケーキ和栗

日本人と栗

栗の種類は大きく分けて「日本栗」「中国栗」「西洋栗」「アメリカ栗」の4種があります。
日本栗(和栗)は、天津甘栗やマロングラッセに使われる栗とは別種のものです。

日本と栗の関わりは深く、縄文時代までさかのぼります。
稲作が始まるよりはるか以前の5500年ほど前に、日本最大の縄文集落跡である青森県三内丸山遺跡では栗が栽培されていたと推定され、狩猟中心の移動生活ではなく、定住型都市型社会であった根拠となっています。
有史以前より日本人と共にあった「和栗」は、日本人の口に最も合う食材の一つと言えるかもしれません。

チーズと和栗の相性

「和栗」は大粒であくが少なく、水分が多いため、上品な味わいです。
粘りが強く、茹でて調理するのに向いています。
他のナッツ系に比べて脂質が少なく、たんぱく質・ビタミンA・B1・B2・C・カリウムも豊富で、サツマイモよりも食物繊維が多く含まれています。また、現代人に不足していると言われる必須ミネラルの「亜鉛」が豊富な食材として知られています。

同じく現代人に不足している栄養素と言えばカルシウム。
カルシウムが豊富な食材と言えばチーズですが、亜鉛にはカルシウムの吸収を助ける働きがあると言われます。
チーズケーキと栗の相性は栄養面からも抜群と言えるでしょう。

平竹シェフ

商品考案・監修-総料理長・平竹 圭祐

神戸北野クラブ、ビストロドリヨン等で修行後渡仏し、
フランスリヨンのホテルソフィテルでマルク・アリックス氏に師事。
研修を積み帰国後、三宮ターミナルホテル・シャンテクレール料理長に就任。
1988年縁あってユーアールエー株式会社(本社淡路島)の料理長に迎えられ、
現在同社の全レストランを統括する総料理長。61歳。神戸市北区在住。
本品はじめ数多くのメニュー、商品を考案・開発・監修。

インフォメーション

内容量 1個
原材料 クリームチーズ、牛乳、卵、栗ペースト、グラニュー糖、無塩バター、コーンスターチ、蜂蜜、小麦粉、トレハロース
保存方法 要冷凍(-15℃以下)で保存
賞味期限 製造日より4カ月
備考

フランス料理のシェフが考案した「ベイクドチーズケーキ 和栗」

価格: ¥1,300 (税込)
[ポイント還元 13ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

お客様の声

コバパパ様 投稿日:2016年10月03日
おすすめ度:
とても美味しくいただきました。
また新作が出来たら試したいと思います。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


電話番号

ページトップへ