千年一 地酒 特別純米酒 淡路島 あわ神

日本酒

「あわ神」淡路市承認 第160011号

淡路市のマスコット「あわ神」の名を冠した純米酒。酒米「雄町」使用。

れんげ草のみを肥料として育てられた酒米「雄町」で仕込んだスッキリとした純米酒。
その酒質から飲用温度の幅が広く、冷やしても熱燗にしても美味しいお酒です。

明治8年創業の島の酒蔵「千年一」

淡路島の東海岸、朝日に輝く海を眼前に見下ろす町、東浦。
そこに住む人は新鮮な魚と、山の幸で旨い地酒に舌鼓を打ちます。
「千年一酒造」は東浦で地酒を造り続けて140余年、大震災で大打撃を受けながらも、 蔵の一部を建て直し、
宮水と同質の鍾馗山(しょうきさん)の山水、最良の米、杜氏達の手の温もりを感じる麹とで漁師の町に似合う旨い酒を造り続けています。
千年一酒造は、2000、2001、2011、2012、2015年度全国新酒鑑評会にて金賞受賞(千代の縁)、また2010年に、最優等賞吟醸酒(兵庫県知事賞)を受賞しました。

日本酒

れんげ草のみを肥料として作られた酒米「雄町」

「千年一」の酒米「雄町」は、岡山県建部町の佐藤さんに作ってもらっています。
田んぼの肥料はれんげ草だけです。
他は稲の自力・水田の他力・旭川の清らかな流水と佐藤さんの努力で「雄町」が生まれています。

日本酒

手造りの条件

千年一の酒は「手造り」です。
日本酒造組合中央会では「手造り」の基準を自主基準として厳格に定めています。

1 甑(こしき)で米を蒸す

日本酒

2 麹蓋(または箱)で製麹する

日本酒

3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

日本酒

「千年一」は昔ながらの造り酒屋と呼ぶにふさわしいたたずまいで手造りにこだわり
伝統の技を頑なに守りながら常に誠実をモットーに
高品質の酒造りに 精進いたしております。

日本酒

日本酒

インフォメーション

清酒
品名 千年一 地酒 特別純米酒 淡路島 あわ神
酒造会社 千年一酒造株式会社
アルコール度数 15度以上16度未満
精米歩合 60%以下
原料米 雄町米
美味しい飲み方 冷やして・ぬる燗
原材料名 米、米麹
内容量 720ml
保存方法 直射日光を避け涼しい場所で保存してください。開封後は冷蔵保存し、なるべく早くお召し上がりください。
備考

千年一 地酒 特別純米酒 淡路島 あわ神

価格: ¥1,315 (税込 ¥1,420)
[ポイント還元 14ポイント~]
ご購入される方の生年月日をご記載下さい:
*未成年者の飲酒は法律で禁止されており、未成年の方にアルコールの販売はできませんので、生年月日を下欄に西暦からご記入ください。
1980年10月22日の場合の記入例
19801022
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ