【日乃出本店】100年の銘菓 ぶどう饅頭

商品イメージ

風土の香り 手の暖かさ

穴吹町の豊かな自然に囲まれた日乃出本店、菓子工場。
吉野川の清らかな水と練乳を練り込んだ特製の餡を、丁寧に蒸しあげました。
五つ並んで串に刺さった、その見た目から団子のように見えますが、特製の餡を丸く成型して蒸しあげてあるので、美味しい餡そのものの味を楽しんでいただけます。
ほのかな葡萄の香を添えた、阿波の銘菓を
どうぞ、ご賞味くださいませ。

「武道」にちなんだ徳島名物 愛されて1世紀

大正3年、徳島。
武道信仰の名所であった四国の霊峰・剣山の参拝みやげとして
初代 西川芳太郎が「武道」に因み、「ぶどう」を模した
「ぶどう饅頭」を創製しました。

愛らしい姿と、ミルクを練りこんだハイカラな味で
たちまち人気を博したぶどう饅頭は
一世紀を経てなお、阿波徳島の名物として
ふるさとの皆様に愛されています。

斬新な広告手法で一世を風靡

日乃出本店 初代・西川芳太郎。
大正4年(1914年)、森永キャラメルの創業者との親交から「森永キャラメル」に想を得て、当時まだ珍しかった「練乳」を餡に練り込むことを思いつき、「ぶどう饅頭」が誕生。
そのハイカラな味は、当時の人々に熱狂的に受け入れられました。
「ぶどう饅頭」は菓子界のパイオニアである偉人と初代との、交流の証でもあります。
初代は、宣伝コピーや看板商品の文字なども自ら手掛けた他
セスナ機から「ぶ」「ど」「う」「ま」「ん」「ぢ」「う」
と書かれたチラシを撒いて、全て集めると
お菓子をプレゼントする型破りな広告手法で一世を風靡。
「海越えて ほめられにゆけ ぶどう饅頭」の
フレーズで知られるテレビCMは
今もなお、多くの徳島県民の目に焼き付いています。

インフォメーション

名称 和生菓子
原材料名 白隠元豆(カナダ、アメリカ、その他)、砂糖、還元水飴、加糖練乳、でん粉、小麦粉/トレハロース、クチナシ色素、香料
内容量 6本
賞味期限 1ヵ月
保存方法 直射日光、高温多湿を避け常温で保存
製造者 有限会社 日乃出本店
備考 商品の表面に白い塊がある場合がございますが、でん粉であり、品質には問題ございません。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【日乃出本店】ぶどう饅頭

価格: ¥650 (税込 ¥702)
[ポイント還元 7ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ