千年一 御神酒 古代米酒 「縁起」 伊弉諾神宮奉納黒酒

日本酒

はじまりの島、淡路島の古代米でつくった祝い酒

国土創生の神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が
最初にお生みになられたという淡路島。
ここには、我が国の始まりの時を刻んだ、国生み神話ゆかりの場所が数多く存在し、
訪れる人々を悠久の彼方へと誘います。
伊弉諾(いざなぎ)神宮は、国生みに始まる全てのご神功を果たされた伊弉諾尊が、
後に余生を過ごされたという住居跡に建てられた日本最古の神社とされています。

古来より五穀の収穫を祝うお祭りに新嘗祭(にいなめさい)があります。
古くは、白米からつくられた白酒(しろき)と、
赤米や黒米などでつくられた黒酒(くろき)が納められていましたが、
今では黒酒を納めているところはほとんどありません。

淡路島産のキヌヒカリと紫黒米(古代米)をつかい、
島内の酒蔵とともに、伊弉諾神宮奉献黒酒(いざなぎじんぐうほうけんくろき)として復活醸造したのが、
この御神酒 古代米酒 「縁起」です。

明治8年創業の島の酒蔵「千年一」

淡路島の東海岸、朝日に輝く海を眼前に見下ろす町、東浦町。
そこに住む人は新鮮な魚と、山の幸で旨い地酒に舌鼓を打ちます。
「千年一酒造」は東浦で地酒を造り続けて140余年、大震災で大打撃を受けながらも、 蔵の一部を建て直し、
宮水と同質の鍾馗山(しょうきさん)の山水、最良の米、杜氏達の手の温もりを感じる麹とで漁師の町に似合う旨い酒を造り続けています。
千年一酒造は、2000、2001、2011、2012、2015年度全国新酒鑑評会にて金賞受賞(千代の縁)、また2010年に、最優等賞吟醸酒(兵庫県知事賞)を受賞しました。

日本酒

手造りの条件

千年一の酒は「手造り」です。
日本酒造組合中央会では「手造り」の基準を自主基準として厳格に定めています。

1 甑(こしき)で米を蒸す

日本酒

2 麹蓋(または箱)で製麹する

日本酒

3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

日本酒

「千年一」は昔ながらの造り酒屋と呼ぶにふさわしいたたずまいで手造りにこだわり
伝統の技を頑なに守りながら常に誠実をモットーに
高品質の酒造りに 精進いたしております。

日本酒

日本酒

インフォメーション

品名 御神酒 古代米酒 「縁起」 伊弉諾神宮奉納黒酒
酒造会社 千年一酒造株式会社
アルコール度数 15度
精米歩合 紫黒米95%、キヌヒカリ70%
原料米 紫黒米20% キヌヒカリ80%
美味しい飲み方 冷やして
日本酒度 +4.0
原材料名 米、米こうじ、(国産米100%使用)
内容量 300ml
保存方法 直射日光を避け涼しい場所で保存してください。開封後は冷蔵保存し、なるべく早くお召し上がりください。
備考

千年一 御神酒 古代米酒 「縁起」 伊弉諾神宮奉納黒酒

価格: ¥3,780 (税込)
[ポイント還元 37ポイント~]
生年月日をご記載下さい:
記入例 1980年1月1日
*未成年者の飲酒は法律で禁止されております。
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

カレンダー
  • 今日
  • 定休日


電話番号

ページトップへ