伊弉諾神宮 神饌酒「大吟醸原酒 伊邪那岐酒 創生神楽」【限定50本】
(いざなぎじんぐう しんせんしゅ だいぎんじょうげんしゅ いざなぎしゅ そうせいかぐら)

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)でご祈祷された神饌酒(しんせんしゅ)
「国生みの日」制定を記念して淡路島の蔵元が製造

伊弉諾神宮では、毎年9月23日(国生みの日)に「創生神楽」が演じられ、今年で10回目となります。
そして平成29年、日本記念日協会により毎年9月23日は「国生みの日」と正式に制定されました。
その日を記念して国生み神話の舞台・淡路島から、神様に供えご祈祷された神饌酒「創生神楽」をご用意いたしました。

千年一酒造がつくる「大吟醸原酒 伊邪那岐酒 創生神楽」

最高級の山田錦を38%まで精米し使用しています。さわやかな香り、口いっぱいに広がるまろやかな旨さ、すっきりとした喉ごしの良さが特徴。北淡路仮屋の背山、鐘馗山(しょうきさん)からの水と酒米「山田錦」をおしみなく磨き、醸し上げた大吟醸酒です。
上質な日本酒に仕上げるために、杜氏が一年に一樽しか仕込まないという希少なお酒です。

 

かつて御食国と言われ、天皇の飲み水まで朝廷に献上していたという淡路島。
その水を源流に持つ淡路島の北に位置する「千年一酒造」が醸造し、伊弉諾神宮で神酒としてご祈祷された日本酒です。
神様に供えた酒をお下がりとしていただくことは、神と人々を結びつけるという意味があるのだそう。
健康や家庭円満を祈念してお酒をいただくという方も多いそうです。

淡路島と伊弉諾神宮

日本で最も古い歴史書「古事記」によると、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の2柱の神様が最初に作った立派な島が「淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)」つまり「淡路島」。
そして、国生みの大業を終えた伊邪那岐命が余生を過ごした淡路市多賀の神社が「伊弉諾神宮」。
伊弉諾神宮は、国生みの神様を祀る幽宮(かくりのみや)であり、日本最古の神社と言われています。

日本国エンタメ観光マイスター 表 博耀(おもてひろあき)氏の想いを実現

日本の神楽を世界に広める第一人者である表博耀氏。観光庁が唯一認定する「日本国エンタメ観光マイスター」です。
表氏の「神楽と淡路島の国生みの歴史を世界に広めるために」という想いを受けて、淡路島の酒蔵「千年一酒造」が特別に企画に賛同し、大切に育てた日本酒です。

生産風景
淡路島の酒蔵「千年一酒造」

生産風景

◆ 明治8年創業の島の酒蔵「千年一」

淡路島の東海岸、朝日に輝く海を眼前に見下ろす町、東浦町。

そこに住む人は新鮮な魚と、山の幸で旨い地酒に舌鼓を打ちます。

「千年一酒造」は東浦で地酒を造り続けて140余年、大震災で大打撃を受けながらも、 蔵の一部を建て直し、 宮水と同質の鍾馗山(しょうきさん)の山水、最良の米、杜氏達の手の温もりを感じる麹とで漁師の町に似合う旨い酒を造り続けています。

千年一酒造は、2000、2001、2011、2012、2015年度全国新酒鑑評会にて金賞受賞(千代の縁)、また2010年に、最優等賞吟醸酒(兵庫県知事賞)を受賞しました。

千年一

「手造り」のこだわり

千年一の酒は「手造り」です。
日本酒造組合中央会では「手造り」の基準を自主基準として厳格に定めています。

1 甑(こしき)で米を蒸す
2 麹蓋(または箱)で製麹する
3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

以上の3つの条件を満たした製法で作られている場合のみ「手造り」を謳うことができます。

千年一

1 甑(こしき)で米を蒸す

千年一

2 麹蓋(または箱)で製麹する

千年一

3 生もと系または速醸系酒母で醪(もろみ)を仕込む

千年一

「千年一」は昔ながらの造り酒屋と呼ぶにふさわしいたたずまいで手造りにこだわり
伝統の技を頑なに守りながら常に誠実をモットーに
高品質の酒造りに 精進いたしております。

生産風景
伊弉諾神宮 神饌酒「伊邪那岐酒、伊邪那美酒」

伊弉諾神宮 神饌酒「伊邪那岐酒、伊邪那美酒」を開発した経緯について、「国生み神話のまちづくり実行委員会」の大杖(おおつえ)康之さんにお話をお聞きしました。

きっかけは阪神淡路大震災

1995年1月17日早朝、淡路島北部を震源としたマグニチュード7.3の阪神淡路大震災が起きました。「伊弉諾神宮」のある一宮町(現:淡路市郡家・多賀)の街も建物が全壊するなど、街の8割が大打撃を受けたそうです。

その後、街の皆さんは、元気を取り戻そうとアーティストを呼んだり、イベントを中心とした活性に取組みましたが、どれも単発で終わってしまったそうです。

そこで、伊弉諾神宮の氏子である大杖(おおつえ)さんを中心に、「国生み神話のまちづくり実行委員会」が発足。「この街には、国づくりをした神様がいる。まちづくりの大先輩がいる。国生み神話を伝えて行くことをまちづくりの基礎にしよう」と、立ち上がったそうです!

 

そこでまず目をつけたのが「神楽(かぐら)」でした。
「神様に楽しんでいただくための舞=神楽」だと大杖さんは言います。

玉ねぎ畑

「同じ国生み神話つながりで、神楽が盛んな出雲・高千穂(たかちほ)の皆さんも賛同してくれました。年に一度、親神様を祀る伊弉諾神宮に来て、神様に奉納をしようということで、三大神話の神楽祭を開催することになりました。」

 

しかし当時、伊弉諾神宮には『巫女神楽』しか伝承は無く、年1回のイベントをやるにもお金がかかる。何とか3年続けましたが、もうやめようかと思っていたそうです。

 

そんなとき、表 博耀(おもて ひろあき)氏に出会いました。なんとこの小さな神楽祭を聞きつけて、知り合いを通じて表さんからご連絡をくださったそうです。
表さんは観光庁が認めるただ1人の「日本国エンタメ観光マイスター」として、海外で神楽を披露されてきた方で、地域の民話神話を活かした神楽創作もされていらっしゃいました。
「とは言え、国生み神話を元に神楽を創るのは難しいのではないか」と大杖さんも最初は思ったそうですが、「創りましょう!お客さんに見せる為だけものではない。神に奉納するためのものを創りましょう!」という表さんの熱い言葉に感銘を受けられたそうです。
そして、表さんと国生み神話のまちづくり実行委員会がタッグを組んで、「創生国生み神楽」が誕生しました。

玉ねぎ小屋

出演者は、これからのまちづくりを担う地元の小中学生たち。淡路島や本州・四国といった島の役を演じています。楽曲奏者も地元住民の方が務め、表さんの神楽に込めた想いを継承しています。

 

現在は、毎月22日に夜神楽を伊弉諾神宮にて披露しています。

また三大神話の神楽祭は、毎年9月23日に開催していて、2017年は記念すべき10回目を迎えることになりました。
2017年9月23日の「第10回三大神楽祭」の予約申込はこちら

玉ねぎイメージ

更に2017年、9月23日(くにうみ)が「国生みの日」に認定されました。

玉ねぎイメージ

この記念の年をお祝いして、何かできないか。そんなとき表さんから「お酒のプロデュースをやりましょう」というお声をいただきました。表さんによると、「神楽と日本酒は縁が深い組み合わせで、観光庁も外国人向け観光の基軸としていきたい方針」だそうです。しかし開発には1年がかかりました。日本酒はラベルが命。2つの酒蔵がタッグを組んで1つのブランドの商品を創る事は例のないことだそうです。
「表さんの『淡路島の歴史を、神楽と日本酒で海外に伝えて行きたい』という想いに共感いただき、特別なお酒を創っていただきました。伊弉諾神宮の神饌酒として宮司さんにも認めていただいています」 震災復興の中から誕生した「国生み神話のまちづくり実行委員会」。神楽祭がきっかけで出会った表さんがプロデュースした「創生神楽」。その歴史と神楽を伝えるため、特別なお酒が誕生したのです。

インフォメーション

清酒
内容量 720ml
アルコール分 17度以上18度未満

原材料名

米、米こうじ(国産米100%使用)、醸造アルコール
精米歩合 38%
日本酒度 +4
酒造会社 千年一酒造株式会社
備考  

伊弉諾神宮 神饌酒「大吟醸原酒 伊邪那岐酒 創生神楽」【限定50本】

価格: ¥7,344 (税込)
[ポイント還元 73ポイント~]
ご購入される方の生年月日をご記載下さい:
*未成年者の飲酒は法律で禁止されており、未成年の方にアルコールの販売はできませんので、生年月日を下欄に西暦からご記入ください。
1980年10月22日の場合の記入例
19801022
数量:
在庫: 50個

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ