【通販|ハモ】淡路島産 活けハモ湯引きセット2人前(100g)

商品イメージ

淡路島のハモが手軽に味わえる「ハモ湯引きセット」

淡路島の夏のハモが手軽に味わえる湯引き用のセットです。
東のうなぎ、西のハモ と言われる古来からの夏のスタミナ料理のひとつです、夏バテ防止にもなると古くから言われていますね。
ハモが関東でなじみがないのは小骨の多さが原因だという話もありますが、口に入れたときに小骨がわからないように細かく包丁を入れる「骨切り」してお届けします。

骨切りは、一寸(約3センチ)につき、26筋包丁を入れられるようになれば一人前といわれるように熟練した技術が必要です。
ハモは、生きたものを捌かないと湯引きにしたときに綺麗に開かないといいます。ハモの美味しさを存分に味わっていただくために、活けハモを捌き、骨切りして、冷蔵便でお届けします。
届いてすぐに湯引き、鱧落としにしていただけます。 梅肉と酢味噌がついているので、湯引きにするだけでお召し上がりいただけます。


ご注文から4日後以降の到着日指定が可能です。

淡路島のハモ

商品イメージ

◆ハモの湯引き
鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、塩を一つまみ加えます。
穴あきのお玉に皮目を下にして乗せ、皮を10秒ほどお湯に浸してから身を湯の中に落とします。
身が波打つようにふんわりと開いたら(この状態を花が咲くと言います)取り出し、氷水に入れて身をよく締めます。
あまり長く浸けると旨味が溶け出してしまうのでご注意ください。
水分を切って器に盛り、梅肉や酢味噌などでお召し上がりください。

商品イメージ

◆ハモのお吸い物
干し椎茸と昆布を水で戻してから鍋を火にかけます。
沸騰直前に昆布を引き上げてください。
少し焼いたハモのあらを入れ、5分ほど煮立たせます。
アクはこまめに取り除いてください。
出来上がったダシを一度濾してから塩、薄口醤油で味を調えます。
椀のハモを一切れ入れ、静かに注いで完成です。
  ※ お吸い物以外にお味噌汁でもおいしく召し上がれます。

商品イメージ

◆ハモ天ぷら
ハモは水気を取り、小麦粉で打ち粉をしておきます。
水で溶いた天ぷら粉にくぐらせ、熱した油(180℃)で揚げます。
衣だけを鍋に入れたときに、底につくかつかないかで浮き上がる温度が約180℃です。
水:天ぷら粉 の重量は 1:1 
粘りが出てしまうので、混ぜすぎないように軽く混ぜます。
水は衣を作るまで冷蔵庫で冷やしておきます。
水の代わりに炭酸水を使うのもおすすめです。
勢いよく出ていた気泡が小さくなり、ハモが浮き上がってきたら出来上がりです。
油から上げる際に10秒ほど、ハモ天ぷらの角を油につけておくと、しっかりと「油切り」ができます。
天つゆや塩でお召し上がりください。
生産風景
淡路島のハモ

商品イメージ

釣りあげたハモを養生するいけす

夏のごちそう、淡路島のハモ。

関西の夏を彩るごちそうといえば、ハモ。なかでも、最高級とされるのが淡路島近海で獲れるハモです。透き通るような白い身にあふれる滋味。淡路島のハモは、この夏も極上の味わいです。

商品イメージ

身を傷つけないように、一匹ずつ丁寧に釣り上げられるハモ。

日本一のハモは淡路島にあり。

潮流が速く、エサとなる甲殻類や魚が豊富な淡路島近海で育ったハモは、丸々と肥えて脂がのっているのが特長です。ハモは梅雨の水を吸ってさらにおいしくなると言われますが、淡路島では6月初旬からがまさに旬。

商品イメージ

生命力の強いハモ、名前の由来は「食む」からとも言われ、噛まれて大けがをする漁師も少なくないとか。

祇園祭の代名詞

ハモは京都の祇園祭、大阪の天神祭になくてはならない食材で、古くから関西の夏の風物詩として親しまれてきました。生命力が強いハモは、交通手段のない時代の夏場も淡路島から京都へ生きたまま運ぶことができたからです。心尽くしのハモ料理は大切な客人をもてなす夏の味わいとなり、今も祇園祭の前には、淡路島のハモを八坂神社に奉納する「ハモ道中」が繰り広げられています。

商品イメージ

釣りあげたハモは、2~3日いけすで餌をはかせることで、ぬめりと臭みを取ります。

素早く丁寧に。加工は鮮度が命。

水揚げしたハモは、広々としたいけすで3日ほど養生。胃の中に入っているものを吐かせ、ストレスを取り去った状態で活け締めにします。

商品イメージ

丁寧にさばいて上身とあら身に分け、良い出汁のでるあら身も「ハモすき」に使います。

商品イメージ

ハモは小骨が多いので、「骨切り」が必要です。

鮮度が命とあって、加工もスピード第一。味を左右する骨切りにも細心の注意を払って、速く、丁寧に仕上げていきます。細かく一定の間隔で包丁を入れていく様は実に見事です。

商品イメージ

ハモの湯引きは夏の風物詩。

湯引きで、天ぷらで、あふれる滋味を堪能。

さかなへんに「豊」と書くように、ハモは煮ても、焼いても、揚げてもおいしい魚です。
一度食べると、必ずもう一度たべたくなるという淡路島のハモ。夏の訪れとともに漁は本格化し、港は活気にあふれています。

インフォメーション(淡路島産活けハモ湯引きセット 2人前)

名称 淡路島産活けハモ湯引きセット 2人前
原材料名 活けハモ(骨切り済み上身)、 からし酢みそ{米味噌[大豆(遺伝子組み換えでない)]、醸造酢、水飴、上白糖、洋からし、本みりん、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア)、保存料(ソルビン酸K)、ウコン色素}、 梅肉[梅肉、発酵調味料、食塩、還元水飴、野菜色素、香料、(原材料の一部に米を含む)]
内容量 活けハモ (骨切り済み上身 100g)
からし酢みそ 1袋
梅肉 1袋
消費期限 発送より3日
保存方法 要冷蔵10℃以下
販売者 ユーアールエー株式会社
備考 天然もののため、悪天候・不漁等によりお届け出来ない場合がございます。あらかじめご了承下さい。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【通販|ハモ】淡路島産 活けハモ湯引きセット2人前(100g)

価格: ¥2,037 (税込 ¥2,200)
[ポイント還元 22ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ