【徳島県産】 神山町 鬼籠野(おろの)のすだち 秀 1kg

商品写真

日本一のすだち産地

焼き魚や鍋物に爽やかなアクセントを与える「すだち」は、徳島県が原産の香酸柑橘。
徳島県 名西郡 神山町 鬼籠野(みょうざいぐん、かみやまちょう、おろの)と呼ばれる地域は、特にすだちの生産が非常に盛んな地域です。
日本のすだち生産量の約95%を占める徳島県、その中でも県内一の生産量を誇る神山町は、日本一のすだち生産地であると言えます。

商品写真

香り高く、さわやかな味わい

すだちは、食酢として使われていたことにちなんで「酢の橘」からスダチ、と呼ばれるようになりました。
青いうちに収穫し、冷蔵保存しますが、熟すとみかんと同じように黄色くなります。旬は8月~10月。
露地栽培された果実が出荷され、香りも味わいも最も良いとされます。

生産風景
神山町 鬼籠野のすだち

商品写真

商品写真

標高200mの盆地

鬼籠野は、山深い盆地にある集落で、その標高は約200m。空気は静かに凛とした山の冷気を含み、流れる清流は川魚の姿が宙に浮いて見えるほど澄み切っています。
昼夜の寒暖差が大きく、雨が多く、急な斜面が多い集落で、すだち栽培に適した条件が揃った土地です。

商品写真

推定樹齢200年以上のすだちの古木

樹齢200年のすだちの古木

すだちの歴史は古く、万葉の時代から利用されていたと言われ、神山町には推定樹齢200年以上のすだちの古木が現存しています。各農家にこうしたすだちの古木が1,2本は植えられており、神山町とすだちとの関りの深さを感じさせます。

商品写真

商品写真

澄んだ空気と水、山の冷気を凝縮した深緑の実

美しい鬼籠野の自然を凝縮したようなすだちの実。
丁寧に露地栽培された、そんなすだちを、一つ一つ手作業で収穫します。

商品写真

収穫したすだちは乾かして冷蔵保存

できるだけ長期に保存するため、乾燥させてから冷蔵庫で保存します。急激に温度を下げると品質が悪くなるので、0.1℃刻みで、じっくりじっくりと時間をかけて冷蔵室の温度を下げていきます。

商品写真

わずかな変化を見逃さないように

冷蔵室内には爽やかなすだちの香りが漂っています。毎日冷蔵室に入り、すだちの香りのわずかな変化で、品質が悪くなったすだちを見分けます。ほっておくとすぐに他のすだちも悪くなってしまうので、そうなってしまった実を取り除くのも大事な作業です。

商品写真

「この温度で、このやり方で、と、セオリー通りに育つなら、何も難しくないですよ」と鬼籠野のすだち生産者の方は語ります。セオリー通りに行かないからこそ、長年の経験とカン、手を抜かない日々の作業が大切とのこと。
常に変化に気を配りながら、露地栽培、自然の中で育つすだちを、高い品質で揃え続ける。
神山町では、今日も「すだちと会話しながら」丁寧に一つ一つの実を育てています。

インフォメーション

名称

すだち

原産地名

徳島県 名西郡 神山町 鬼籠野
内容量

1kg

備考 保管の際は冷蔵保存(10℃以下)をおすすめいたします。
農産物のため、価格が変動する場合があります

【徳島県産】 神山町 鬼籠野(おろの)のすだち 秀 1kg

価格: ¥2,130 (税込 ¥2,300)
[ポイント還元 23ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

お客様の声

空豆。様 投稿日:2017年10月30日
おすすめ度:
とてもジューシーで味もよかったです。友人にお福分けしてあげたら大変喜ばれました。

ページトップへ