淡路島牛乳使用「淡路島焼プリン」2P

淡路島プリン

搾りたて淡路島牛乳と新鮮な卵をたっぷり使って、
オーブンでじっくりと焼き上げた無添加焼プリンです。

かつて「花とミルクとオレンジの島」の観光キャッチフレーズで発展を遂げた淡路島。
中でも「ミルク」は、淡路島の代表的な特産品として現在も人気が高く、淡路島に来たんだから・・・・
と口にされるお客さまも後を絶ちません。
淡路島の広大な自然で、ストレスなく育てた乳牛の淡路島牛乳から生まれた、淡路島焼きプリン。
原材料が牛乳、卵、砂糖、カラメルという
シンプルな材料の無添加プリンです。
昔懐かしい感じの味で、シンプルに素材の味を楽しめます。優しい自然な甘さと、しっかり卵味。 カラメルはサラサラで甘め。プリンがシンプルな分ちょっと甘めのカラメルが丁度いい、他にはない純粋なプリンです。
素朴で優しい卵の味でとてもおいしい。と好評のプリンです。

甘さも程良く、子供向き限定でなく、大人でも充分満足いただけるスイーツ(パッケージは子供向きのやさしいデザインです)。
卵と牛乳の味がしっかり感じられ、カラメルとのバランスも優れています。

生産風景
淡路島牛乳

商品イメージ

淡路島牛乳の歴史をひもとくと

古くは、「淡路国正税帳」に、天平10 年(738年)淡路の国でつくられた「蘇」が朝廷に献上されたことが記されています。この「蘇」とは、乳製品のことで、バターとかチーズに似たものと考えられています。淡路島での牛乳の歴史はそれほど古く、深いものだったことがうかがえます。

淡路島の近代酪農の歴史は明治33 年(1900)に、現在の南あわじ市八木で、乳牛の育成繁殖が開始されたことに始まります。現在兵庫県下の40%に当たる約6,800 頭が飼育され、近畿地域の生乳供給地として西日本を代表する酪農地帯となっています。

大自然の中で育てられたこそ生まれる品質の良い牛乳

広大な自然の中で育てられ、ストレスがほとんど溜まらずのびのびと育てられた乳牛は、乳の出も良く、品質の良い牛乳が生まれるのです。

インフォメーション

品名 淡路島焼プリン 2P
種類別 洋生菓子
内容量 75g×2P
原材料名 牛乳、液全卵、砂糖、カラメル
賞味期限 11日間
保存方法 要冷蔵 10℃以下
備考 アレルギー物質:乳・卵

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

淡路島焼プリン 2P

価格: ¥140 (税込 ¥151)
[ポイント還元 1ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.5 (13件)

twitter

お客様の声

しがさく様 投稿日:2018年01月30日
おすすめ度:
やさしい味のプリンでした!
りなりなた様 投稿日:2018年01月07日
おすすめ度:
昔ながらの優しい味がして
美味しかったので、また
リピートしたいと思います。
トコトコ様 投稿日:2017年10月17日
おすすめ度:
甘さもちょうどよく美味しいのですが、個人的にはもっと焼きの強い方が好みです~w でも子どもはこの程よい滑らかさが気に入っていました!値段的にもお手ごろなので送料合わせにもよくまた購入したいですね~
もっと見る

ページトップへ