【正金醤油】天然醸造うすくち生醤油【香川県/小豆島】

調理シーン

生醤油で、煮しめ。だしが染み込んだ優しい味の煮物で、冷めてもおいしい。

和風料理に使っていただきたい

国産の大豆と小麦を木桶で仕込んだうすくち醤油。しかも、火入れ処理をしていない生タイプ。シンプルな旨味と塩味が特徴のうすくち生醤油です。天然醸造ゆえに、普通のうすくちより、味も色も濃い目に仕上げてあるので、普段より控え目に使ってちょうどよさそうです。 煮物やお吸い物、出汁巻き卵など、素材の持ち味を生かす和風料理にぴったりです。
新鮮なうちに使いきれる100ml入りの便利な小瓶です。

島と暮らすのために、 瀬戸内海のおすすめの島々の醤油を厳選いただきました。

『職人醤油』代表 醤油ソムリエ 高橋万太郎さん

淡路島産玉ねぎ

(略歴)
1980年群馬県前橋市出身。立命館大学卒業後、(株)キーエンスにて精密光学機器の営業に従事し2006年退職。(株)伝統デザイン工房を設立し、これまでとは180度転換した伝統産業や地域産業に身を投じる。

現在は一升瓶での販売が一般的だった蔵元仕込みの醤油を100ml入りの小瓶で販売する「職人醤油」を運営。これまでに全国の400以上の醤油蔵を訪問した。
醤油ソムリエとして、全国各地にある醤油をどのようにして使えばより美味しく頂くことができるか、肉、魚、たまごかけご飯、スイーツまで!料理に合う醤油をセレクト、提案している。

著書:醤油本(玄光社)

メディア:
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
日本テレビ「おもいッきりイイ!!テレビ」
NHK総合「こんにちはいっと6けん」
日本テレビ「おもいッきりDON!」

生産風景
正金(しょうきん)醤油
(香川県小豆島)

淡路島産玉ねぎ

謙虚で控えめ。だからこその存在感。

120本の木桶を有する。大豆も小麦も国内産で、製造ロット毎の産地をホームページで公開している。だけど、「うちなんか、まだまだです」と、自慢する素振りが微塵もない。だからこそかもしれない。この蔵にはファンがとても多い。

淡路島産玉ねぎ

瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ人口およそ2万8千人の小豆島。

約400年前から醤油づくりが行われており、島内には歴史ある多くの醤油蔵が軒を連ねています。

淡路島産玉ねぎ

醤の郷で木桶120本

醤油の産地としても有名な香川県の小豆島。17の醤油蔵が軒を連ねる地域に正金醤油の蔵はあります。山吉蔵、西蔵、東蔵といったように歩ける範囲内に複数の蔵を抱え、その中に並ぶ桶は120本。この保有数は日本屈指です。

淡路島産玉ねぎ

一歩入ると空気が変わる。 あぁ、いい香り。

蔵の中では何十年と使い続けられている桶が出迎えてくれます。階段を使って桶の上部にあがると漂ってくる香り。言葉通りの心地よい香りに包まれます。

淡路島産玉ねぎ

柱や梁や天井に住みつく微生物。正金醤油の味を支えています。

淡路島産玉ねぎ

言われないと、気づかないかもしれませんが・・・

この写真、かなりすごいのです。

何がすごいかって?!床や桶のふちの尋常でない綺麗さです。諸味は撹拌といって定期的にかき混ぜるのですが、そのはね返りが必ず生じます。それらを毎回綺麗にふき取っているからこその、この状態なのです。

淡路島産玉ねぎ

四代目にあたる藤井泰人さん。

桶だからよいというわけではない。

「昔、父に連れられて大阪まで配達に行っていました。トラックにかぶせていた幌を外すと、なんともいえない良い香りが漂ってきたのが印象に残っています」。その時から蔵の中を綺麗にすることは徹底しているそうです。

桶が空になればしっかり洗浄して次の仕込みに備えます。悪い香りがつかないように入念に管理をされる藤井さんの姿勢を見ると、桶だから美味しい醤油になるのではなく、その管理が大切なのだと実感します。

インフォメーション

名称 うすくちしょうゆ(本醸造)
原材料名 大豆、小麦、食塩
内容量 100ml
賞味期限 8ヶ月
保存方法 直射日光を避け保存
製造者 正金醤油株式会社
香川県小豆郡小豆島町馬木甲230
備考 開栓後はできるだけ冷蔵庫で保存し、賞味期限にかかわらず早めに使用してください。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【正金醤油】天然醸造うすくち生醤油【香川県/小豆島】

価格: ¥381 (税込 ¥411)
[ポイント還元 4ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ