焙烙(ほうらく)でじっくり煎り上げた「ほうらく煎り たつくり」
【化学調味料・保存料不使用】

商品イメージ

焙烙でじっくり煎り上げ、丁寧に仕上げた田作り

乾燥させたカタクチイワシを焙烙で丁寧に煎りつけ、甘辛く炊き上げた「田作り」。
炮烙で煎ることで、遠赤外線の効果も手伝って、カタクチイワシをムラなく、さらに美味しく煎ることができます。ムラなくしっかり煎ることで、魚の臭みが抜け、香ばしさが際立ってきます。

お正月料理に欠かせない一品です。
「田作り」というその名前の由来は、昔、肥料としてイワシを田んぼに撒いていたことから来ています。イワシは高級な肥料だったのですが、イワシを撒くと田んぼは豊作になることから「田作り」と名付けられました。
小さいながらも、「尾頭付き」である、おめでたい田作り。
「五万米(ごまめ)」とも呼ばれ、五穀豊穣を祈願するお料理です。

素材そのものの味を楽しんでほしいから
化学調味料・保存料不使用

こちらの田作りは、化学調味料や保存料を一切使用せずに仕上げています。その理由は、素材そのものの味を楽しんでほしいから。
上質な素材を選び、シンプルに味付けしている田作り。
昔ながらの懐かしい味わいをお楽しみください。

商品イメージ

上質な山口県産カタクチイワシを丁寧に選別

カタクチイワシは山口県産。まずは頭が外れている魚を省いていきます。これはお祝いごとに使われる田作りならではの工程。さらに、魚をサイズごとに分けます。後の工程で煎る際に火の通り具合が変わるためです。
選別したカタクチイワシは、焙烙で煎ります。焙烙で煎ることにより、金属のお鍋で煎るよりも、やわらかく熱が伝わります。時間をかけて弱火でじっくり煎り上げるのは、長年の経験を積んだ職人の仕事。カタクチイワシの乾燥具合により、煎る時間を調整するのだそう。
この工程で魚の臭みが消え、香ばしい田作りに仕上がります。

商品イメージ

醤油、砂糖、みりんで甘辛く炊き上げます

香ばしく煎ったカタクチイワシは、鋳物の鍋で醤油、砂糖、みりん、唐辛子と一緒に炊き上げます。焦げないように何度も鍋を返し、味がしみこむまでじっくりと。頭が取れてしまわないよう、丁寧に。最後まで気が抜けない作業です。

生産風景
ほうらく煎り たつくり

西山佃煮

目視によりカタクチイワシを選別

山口県から届いた乾燥したカタクチイワシ。まずは異物と、頭が外れている魚を省いていきます。さらに、魚をサイズごとに分けます。これは、後の工程で煎る際に火の通り具合が変わるために必要な作業。8月末から約3カ月間、この選別作業は続くのだそう。

西山佃煮

カタクチイワシを焙烙で煎り上げます

焙烙とは、素焼きの平たい土鍋。直径約30cmの焙烙でカタクチイワシを少量ずつ煎り上げます。弱火でじっくり、焦げないように。

西山佃煮

味がしみこむまでじっくり炊き上げて完成

しょうゆ、砂糖、みりんで炊き上げます。この醤油にもこだわりが。佃煮専用に特注している醤油なのだそうです。焦げないように何度も返しながら、カタクチイワシに味がしみこむまで、じっくりと炊き上げ完成です。

インフォメーション

名称 佃煮(田作)
原材料名

片口いわし、醤油、砂糖、みりん、還元水飴、唐辛子、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

原料原産地 山口県産(片口いわし)
内容量 250g
賞味期限 60日間
保存方法 直射日光を避けて冷暗所にて保存してください。
製造者 (有)西山佃煮
備考 本製品で使用している原材料は雑魚介類(かに・えび)が混ざる漁法で採取しています。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【おせちの田作り】焙烙(ほうらく)でじっくり煎り上げた「ほうらく煎り たつくり」【化学調味料・保存料不使用】

価格: ¥1,500 (税込 ¥1,620)
[ポイント還元 16ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ