【 自家焙煎珈琲・喫茶路地 × 島と暮らす 】
 淡路島ブレンドコーヒー(豆)~こっくり~

パッケージ

島の時間を味わう、黄昏のコーヒー

営みを終えて見上げる夕焼け空、島のこっくりとした時間を表現したコーヒーブレンドです。
焙煎した豆の状態でお届けします。

パッケージ

大阪府中崎町、表通りの喧騒から切り離された路地裏に、自家焙煎珈琲のお店「喫茶路地」があります。店主である焙煎人・岩金真司さんが淹れるコーヒーを求めて訪れる人は後を絶ちません。雑誌BRUTUS、dancyu、SAVVYなど多くのメディアでも紹介され、コーヒー好きがコーヒー好きに勧めるお店としてその名が知られています。

調理イメージ

そんな岩金さんが、淡路島を訪れ、島の風景、歴史、食材、そして朝・昼・夜の時間からインスピレーションを得て作られたのが、「はじまり」「たわわ」「こっくり」の3種類の淡路島ブレンドです。 3杯のコーヒーの中に、淡路島の一日が詰まっています。

調理イメージ

島の黄昏、満ち足りた静寂「こっくり」

コーヒー豆の表面を覆う果肉部分をコーヒーチェリーといい、ほとんどの品種の場合、その実は成熟するにつれ赤く色づくのですが、本ブレンドでは希少な『黄色く結実する銘柄』をメインに配合。独特の”こっくり”とした風味や甘みで、穏やかな島時間を表現しました。

日が落ちて”こっくり”とした空の色に、より一層落ち着いた気分になれる、そんなブレンドです。

調理イメージ

香り高い淡路島ブレンドは、あわじオレンジスティックと良く合います。

調理イメージ

喫茶路地 焙煎人 岩金真司さん

[ 喫茶路地メディア掲載歴 ]

2018.単行本 河出書房新社『日本全国 しあわせ喫茶&カフェ探訪』
2018.6月号 京阪神エルマガシン社『SAVVY』 「梅田 中崎町 北浜」
2017.1月号 京阪神エルマガシン社『SAVVY』 「大人のカフェと喫茶店」
2016.5月号 大誠社『珈琲時間 』「ザ・リノベカフェ」
2015.11月号 旭屋出版『カフェ&レストラン 』「小さなカフェ、はじめました。」
2015.10月号 プレジデント社『dancyu』「コーヒー カフェラテ エスプレッソ」
2015.ムック 朝日新聞出版『Osaka CAFE GUIDE 2015-16』
2015.ムック 宝島社『COFFEE BIBLE』
2015.単行本 メイツ出版『大阪カフェ日和』「すてきなCAFEさんぽ」
2014.ムック マガジンハウスムック 『Hanako 特別編集』「大阪案内2014」
2014.ムック 成美堂出版『大阪カフェブック2014-15』
2014.3月号 クリエテ関西『あまから手帖』
2013.ムック マガジンハウスムック『BRUTUS特別編集』「もっとおいしいコーヒーの進化論」
2013.ムック マガジンハウスムック『Hanako特別編集』「関西おいしい店グランプリ 2014」
2013.ムック マガジンハウスムック『Hanako FOR MEN vol.9』「男の珈琲」
2013.10月・11月・12月号 京阪神エルマガシン社『SAVVY』

ブレンド(豆)こっくり

ブレンド名 こっくり
名称 レギュラーコーヒー(豆)
原材料名 コーヒー豆(ブラジル、ケニア)
内容量 100g
消費期限 1ヵ月
保存方法 高温、多湿を避けて保存してください。
販売者 株式会社 島と暮らす
製造業者 自家焙煎珈琲 喫茶路地 岩金 真司

淡路島ブレンド こっくり(焙煎豆)

価格: ¥741 (税込 ¥800)
[ポイント還元 8ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ