島と暮らす

|

家族とお家でカジュアルプレミアムな生活を。

2018.12.05

白子解禁!淡路島の3年とらふぐ

こんにちわ、島のこだわりお取り寄せ「島と暮らす」の石田です。

  いま、冬の淡路島でもっともおすすめは、なんと言っても   『3年とらふぐ』   です。   養殖ふぐは、2年で出荷されますが、   淡路島の南の鳴門海峡に面する福良湾というところで、     3年間手塩にかけられ、鳴門海峡の早い潮流で育てられた大きなふぐが、   淡路島の3年とらふぐです。   この違いは、身の大きさ、しまり、うま味は隔絶です。 何と言っても最大の特徴は、他には無いサイズの   白子   です!   2年物のふぐが700~800gですが、その倍の1.4~1.8kgにもなります。   天然ものの「てつ」と言われる1.5kgサイズのふぐよりも大きくなるんです。   その白子たるは“半端ない”白子です!   もちろん身もしっかり食べ応えもあり、     ふぐの好きな人こそ、100%リピーターになります。   わたしも、2年前から毎年、年に2回!   年末に1回、年明けの2月に1回と楽しんでおります!

{literal} {/literal}