淡路島玉ねぎと淡路牛カレー(辛口)1袋

淡路ビーフ ロース焼肉用

10年以上のロングセラー「地産地消」を掲げて作られた淡路島カレー

「淡路島玉ねぎと淡路牛のカレー」は、淡路島の「地産地消」を推進するために作られました。
淡路島産の玉ねぎ、淡路牛、そして淡路島ヨーグルトを使った、正真正銘「淡路島のカレー」です。
こだわりの数種のスパイスをブレンドした「小麦粉を使わないカレー」でもあります。

小麦粉不使用、辛口カレー1袋

淡路牛と、淡路島産玉ねぎをじっくり煮込んで作ったビーフカレーです。
高級感のある、大人の味に仕上げたカレーです。

スパイスにこだわり、小麦粉不使用で作り上げました。
厳選したスパイスのピリッとした辛さ、淡路島ヨーグルトのさわやかさ、淡路島産玉ねぎの甘さ、
淡路牛の牛肉スライスのコクと旨み。いくつもの味の層が感じられます。
後を引くおいしさ。こちらは1食袋入りです。

生産風景
淡路牛

淡路牛

和牛登録審査会(JAあわじ島提供)

「神戸ビーフ」「但馬牛」の素牛、淡路牛

淡路島の黒毛和牛は、そのまま淡路島で育てられて厳しい基準をクリアし、「淡路ビーフ」となるものや、世界に名だたる「神戸ビーフ」となるものもいます。
日本一のブランド「神戸ビーフ」の一大素牛生産地の地位を確立するべく、
淡路牛の育成には、JAによる管理指導など、品質向上のたゆまぬ努力が行われています。

淡路牛

育成牛管理指導の様子(JAあわじ島提供)

奇跡の4頭の子孫「但馬牛」

兵庫県で生まれて育てられる国産黒毛和牛のうち、
歩留等級が「A」または「B」であれば「但馬牛」と呼ばれます。
さらにそのうち、牛脂肪交雑基準(BMS)がNo.6以上の未経産牛(メス)、もしくは去勢牛(オス)であることなど、一定の基準を満たしたものは「神戸ビーフ」の銘柄を名乗ることができます。

但馬牛は、一時は絶滅したと思われていた純国産黒毛和牛が、但馬(現・新温泉町)の地に奇跡的に4頭だけが生き残っていたものの子孫です。そして現在流通している国産黒毛和牛の母牛は99.9%、名牛「田尻号」の子孫なのだそうです。

松坂牛や近江牛のように、但馬牛が素牛となっているものや
前沢牛、仙台牛、飛騨牛、佐賀牛などのように但馬牛の血統を入れることで肉質が改善されているものなど、但馬牛は国産黒毛和牛の祖であり、トップブランドとして名を馳せています。

そして、淡路島も「但馬牛」の一大産地です。

淡路牛

畜産共進会(JAあわじ島提供)

「淡路和牛」

淡路島で生まれた牛、もしくは淡路島での肥育期間が長い牛のことを総称して「淡路牛」と言います。そして「淡路牛」のうち、国産牛の品種を「淡路和牛」と称します。

島の雄大な自然の中で生まれ、育てられる淡路和牛。

本商品に使われているのは、神戸ビーフや淡路ビーフの名が冠せられるブランド肉ではありませんが、「淡路和牛」のおいしい肉を使っています。

淡路牛

淡路家畜市場(JAあわじ島提供)

生産風景
淡路島玉ねぎ

玉ねぎ畑

淡路島産の玉ねぎ ~太陽の恵み~

今や島を代表する食材となった「淡路島の玉ねぎ」
その甘さ、やわらかさには、理由があります。

第一は、日照時間が長く、温暖な「瀬戸内海式気候」であるということ。
冬でも雪が降ることは滅多にない淡路島の年間平均気温は約16℃。
年間を通じた日照時間の平均は約2110時間(淡路市)で、
全国でもトップクラスの水準です。(全国平均は1897時間)

また周りを海に囲まれているため、気温も安定しています。
収穫時期となる夏季に雨が少ないという、野菜栽培に適した特徴もあります。

玉ねぎ畑

淡路島産の玉ねぎ ~大地の恵み~

第二に、水はけが良く肥沃な土壌であるということ。
殆どの野菜は、水はけの良い土地を好みます。

玉ねぎの一大産地である「三原平野」は砂壌土中心で水はけが良く、
また玉ねぎ栽培に適した肥沃な栄養素を含んだ土壌です。

水田転換畑では、夏に水を張ることで、病害を予防するといった工夫もあります。

玉ねぎ小屋

淡路島産の玉ねぎ ~時間の恵み~

第三に、じっくりと約7か月の時間をかけて生育されていること。
通常は植え替えから約4か月程度で収穫するところを、6~7か月の期間をかけて栽培します。

9月に苗床に種をまき
11~12月に田んぼに植え替えられ
冬を越えて5~6月に収穫されます。

さらに、収穫された淡路島たまねぎはここでもうひと手間かけ
淡路島玉ねぎ特有の美味しさを作り出す「玉葱小屋」に吊られ
自然の風を利用してゆっくりと乾燥させていきます。

雨の少ない淡路島ならではの方法と言えるかもしれません。
自然乾燥することで甘みをより一層増していくとともに、色つやも際立ってきます。

玉ねぎイメージ

淡路島産たまねぎの美味しさ

JA全農兵庫の調査では、一般的な他産地の玉ねぎよりも約2倍、応力が少なく(やわらかい)
あまみとなるソテー時の「全糖含有量」が最大で約4%高く(あまい)
辛味を示す「ピルビン酸含量」が最大で他産地の6割程度と確認されました。(辛くない)

淡路島の自然の恵みをたっぷり凝縮した、甘く、やわらかい玉ねぎです。

インフォメーション

名称 ビーフカレー(辛口)
原材料名 玉葱(淡路島産)、牛肉(淡路島産)、ホールトマト、食用油脂(大豆油、バター)、ビーフエキス、ヨーグルト、でんぷん、香辛料、にんにく、しょうが、マンゴチャツネ、食塩、調味料(アミノ酸等)
内容量 180g
賞味期限 1年
保存方法 常温で保存
殺菌方法 気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
製造者 あわじ島農業協同組合
備考 この製品はレトルトパウチ食品ですので、保存料は使用しておりません。室温で長期保存できます。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【ポイント特別還元対象商品】淡路島玉ねぎと淡路牛カレー(辛口)袋

価格: ¥500 (税込 ¥540)
[ポイント還元 59ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ