玉ねぎわさび(淡路島産玉ねぎ使用)

調理イメージ

甘うまピリリ。玉ねぎのわさびかす漬け

甘く、やわらかく肉厚で辛味の少ない淡路島産玉ねぎをわさび味の粕漬けにしました。
酒粕の香りが玉ねぎの甘さを引き立て、わさびのアクセントがクセになる味です。

ご飯やお酒のアテに。
また、アイデア料理の材料にも活躍します。

簡単なワインのお供
「玉ねぎわさびのカナッペ」

商品イメージ

◆材料
食パン

1枚(サンドウィッチ用)

玉ねぎわさび 30g前後(お好み量)
お好みのハーブや芽ネギ等 適宜
◆調理
食パンはヘタを切り、トースターで少し香ばしく焼き上げます。
お好みのサイズに切り分けます。
切り分けたトースターに、玉ねぎわさびを「お好み量トッピング」します。
お好みでハーブや芽ネギ等をトッピングして出来上がり。
◆ポイント

一般的な“わさび漬け”に比べて、玉ねぎが入っており「ワサビわさび」しておらず、非常に甘目で玉ねぎの食感を味わえます。従って、トースター等に限らず「クラッカー」等でも合いますので、お試しください。
尚、かまぼこ等を利用した「板わさ」のワサビの代わり等にも是非お試しください。

生産風景
淡路島玉ねぎ

玉ねぎ畑

淡路島産の玉ねぎ ~太陽の恵み~

今や島を代表する食材となった「淡路島の玉ねぎ」
その甘さ、やわらかさには、理由があります。

第一は、日照時間が長く、温暖な「瀬戸内海式気候」であるということ。
冬でも雪が降ることは滅多にない淡路島の年間平均気温は約16℃。
年間を通じた日照時間の平均は約2110時間(淡路市)で、
全国でもトップクラスの水準です。(全国平均は1897時間)

また周りを海に囲まれているため、気温も安定しています。
収穫時期となる夏季に雨が少ないという、野菜栽培に適した特徴もあります。

玉ねぎ畑

淡路島産の玉ねぎ ~大地の恵み~

第二に、水はけが良く肥沃な土壌であるということ。
殆どの野菜は、水はけの良い土地を好みます。

玉ねぎの一大産地である「三原平野」は砂壌土中心で水はけが良く、
また玉ねぎ栽培に適した肥沃な栄養素を含んだ土壌です。

水田転換畑では、夏に水を張ることで、病害を予防するといった工夫もあります。

玉ねぎ小屋

淡路島産の玉ねぎ ~時間の恵み~

第三に、じっくりと約7か月の時間をかけて生育されていること。
通常は植え替えから約4か月程度で収穫するところを、6~7か月の期間をかけて栽培します。

「晩生(おくて)」と言われる淡路島産の代表的な玉ねぎは
9月に苗床に種をまき
11~12月に田んぼに植え替えられ
冬を越えて6月下旬に収穫されます。

玉ねぎの茎が倒れてからもう2週間畑で放置し、十分に熟したところを収穫します。

収穫された淡路島たまねぎは「玉葱小屋」に吊られ
自然の風を利用してゆっくりと乾燥させていきます。
これは雨の少ない淡路島ならではの方法と言えるかもしれません。
自然乾燥することで甘みをより一層増していくとともに、色つやも際立ってきます。

さらに10月になると、玉ねぎを冷蔵保存し、冷蔵庫で水分が少し抜けることで、
糖度が上がります。そうしてできた玉ねぎを「甘玉」と呼びます。

玉ねぎイメージ

淡路島産たまねぎの美味しさ

JA全農兵庫の調査では、一般的な他産地の玉ねぎよりも約2倍、応力が少なく(やわらかい)
あまみとなるソテー時の「全糖含有量」が最大で約4%高く(あまい)
辛味を示す「ピルビン酸含量」が最大で他産地の6割程度と確認されました。(辛くない)

淡路島の自然の恵みをたっぷり凝縮した、甘く、やわらかい玉ねぎです。

インフォメーション

名称 かす漬 玉ねぎわさび
原材料名 酒粕(国産)、たまねぎ(国産)大根、胡瓜、くらげ、白瓜、わさび、漬け原材料(みりん、砂糖、食塩、香辛料、酒精、調味料(アミノ酸等)、ソルビット)、(原材料の一部に小麦含む)
内容量 220g
賞味期限 1ヵ月
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
販売者 ユーアールエー株式会社
備考  

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

玉ねぎわさび(淡路島産玉ねぎ使用)

価格: ¥500 (税込 ¥540)
[ポイント還元 5ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ