その年の上質な「一番摘みの海苔」 だけを使用した
「淡路島産一番海苔」わさび風味

調理イメージ

最も風味の良い一番摘み海苔のみ使用「淡路島産一番海苔 わさび風味」

海苔の漁獲量において、全国でも有明海に次ぐ漁獲量を誇る瀬戸内海、 中でも淡路島近海は京阪神と四国の大きな河川が流れ込む大阪湾・播磨灘・紀伊水道に囲まれた栄養豊富な海です。

明石海峡、鳴門海峡、紀淡海峡の3つの海峡により、潮流が速く、その漁場で育まれた淡路島産の海苔は潮流と寒冬の季節風に揉まれ、色が黒く、艶が良く、肉厚で、歯触り良いのが特徴です。栄養分豊富な海で育っている海苔は、美味しさの源であるアミノ酸を多く含んでいます。
その中でも、寒い冬の時期、養殖場で育って最初に獲れる「一番摘み」は、一年のうちで最も風味が良く、 口どけがやわらかいのが特徴です。淡路島産一番海苔は、この「一番摘み」だけを贅沢に使用した海苔のブランドです。
細かく切れやすい海苔を極力傷つけることなく、海苔の繊維を長いまま収穫できるように工夫された専用の船で、丁寧に収穫されます。

調理イメージ

本わさびをすりおろした、ピリッと大人なわさび風味

その上質の「一番摘み」の海苔だけを贅沢に使ったのが「淡路島産一番海苔」です。

しっかりした歯ざわりの淡路島産一番海苔に、本わさびを細かくすりおろして味付け。
口に入れた時においしいと感じる絶妙な辛さに仕立てています。
ご飯がすすむ名脇役として、また、日本酒やビールのおつまみにもおすすめです。

生産イメージ
淡路島産一番海苔

生産イメージ

培養から種つけ、加工まで、淡路の豊かな漁場で

海苔の生産が始まるのは、11月から。

淡路島では激しい潮流を利用した浮き流し式養殖で、海水温が19度以下になる11月下旬から4月下旬まで続きます。その年の9〜10月には、カキ殻を使って糸状体を培養し、網に海苔の種をつけます。その後、一定時間乾燥させて自然の旨味を増す手間をかけ、ノリ網を淡路沖の豊かな漁場で育てるのです。

沖から揚げられたノリ網から海苔を採取して活性タンクで一晩寝かし、3段階にわたって不純物を取り除きます。その後、ざるの上で裁断して圧縮、乾燥させます。

生産イメージ

活性タンク

生産イメージ

洗浄

生産イメージ

圧縮

生産イメージ

海苔の完成

淡路島産の海苔の特徴は、しっかり肉厚なこと。歯切れがよく、噛めば噛むほど味が出ます。

生産イメージ

プロによる目利きと厳しい検査を経て商品へ

兵庫県各地の海苔が集まる兵庫漁連の入札所では、目利きのプロが真剣な面持ちで、1枚1枚吟味しながら最高品質の海苔を選んでいきます。
ここではもちろん、淡路島産の一番海苔だけにこだわります。

生産イメージ

色や重さ、ツヤなど厳しい検査を経て入札した一番摘み海苔は、滝野社にある提携工場で焼き加工、味付けなどの最終工程へ。
最後は人間の目と手で丁寧にチェックしながら手作業でパッケージングされます。

生産イメージ

生産イメージ

一番摘みは12月から1月初旬に摘み取られたもので、とりわけ風味豊か。ほどよい歯触りと口どけの良さが味わえます。
サッと軽く火に炙ると、海苔の甘みがさらに増しておすすめです。

インフォメーション

名称 味付のり
原材料名 乾海苔(淡路島産)、糖類、しょうゆ、たん白加水分解物、エキス(かつお、えび、昆布)、食塩、発酵調味料、でんぷん分解物、わさび粉/香料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草、ステビア、アセスルファムK)、香辛料抽出物、乳化剤、(一部に小麦・えび・乳成分・大豆・さばを含む)
内容量 8切り56枚(板のり7枚)
賞味期限 9カ月
保存方法 高温多湿をさけ冷暗所、冷蔵庫などで保存してください。
備考 原材料ののりは「かに」が生息する海域で採取しています。
開封後はできるだけ早くお召し上がり下さい。
本容器は防湿上、密閉度を高くしております。
ふたを開ける際は容器の胴部分を軽く押さえていただくと容易に開けられます。

アレルギー物質

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

淡路島産一番海苔(わさび風味)

価格: ¥537 (税込 ¥580)
[ポイント還元 5ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

お客様の声

まりりん様 投稿日:2017年09月27日
おすすめ度:
ピリ辛な味がご飯に合ってとってもおいしかったです。

ページトップへ