淡路島産ちりめん、生炊きちりめん山椒セット

商品イメージ

淡路島岩屋港産100%のちりめんと、ちりめん山椒のセット

明石海峡を眼前に見据える淡路島岩屋港は、狭い海峡を流れる海流の速さと、
大きな河川が幾つも流れ込む海域で、鯛やタコをはじめとする様々な種類の海産物の特産地となっています。
そこで漁獲されるしらす(カタクチイワシの稚魚)は身が太く脂のノリが良く、味わい深いのが特徴です。
しらすを釜茹でにして乾燥させたものが、ちりめん(ちりめんじゃこ)です。

生産風景
淡路島岩屋港 内田水産

商品イメージ

水揚げから数分で釜揚げ

何隻もの漁船が船団を組み、漁獲したしらすは岩屋港に運び入れられ、
あっという間にセリで値段がつくと、水産会社に運び入れられます。

商品イメージ

水産会社は同じ明石海峡大橋のたもと、車で3分もかからない距離にあります。

商品イメージ

すぐさま釜に入れられ、身を壊さないように釜茹でから水切りまで一気に行います。

商品イメージ

商品イメージ

天日に干して数時間、柔らかさを残した仕上げ

茹で上がったしらすを天日干し、数時間乾燥させます。
天日干しにすることでちりめんに色ツヤが出て美しい白色に輝きます。
この時、乾燥の具合によって「ちりめん」と「上乾ちりめん」に分かれます。
「上乾ちりめん」はほとんど水分の残らない状態まで乾燥させた状態で日持ちのする方法ですが、

この商品は、しらすの柔らかさを残した仕上げの「ちりめん」です。
ふわっとした食感とちりめんの風味が広がります。

そのままご飯に乗せて、また大根おろしと醤油で。
夏の島のおいしさが凝縮されています。

商品イメージ

茹であがったちりめんをそのまま味付けして炊き上げた「生炊き」ちりめん山椒

ちりめん山椒を作る時に、乾燥させた状態のちりめんから作る方法もありますが、

天日干しにする前の柔らかい状態から、ちりめん山椒に炊き上げる(生炊き)にすることで、
柔らかさを残した「ちりめん山椒」に仕上がります。

白醤油と砂糖と味醂と山椒を独自の配合で作ったタレで、
1時間付きっ切りで火加減を調節しながら炊きます。

商品イメージ

大釜が並ぶ部屋は大変な温度になります。

ちりめん自体の鮮度が落ちていると、折れたり、水分でべたべたになったりしますが、
立地条件に恵まれた水産会社ですぐにちりめん山椒に仕上げられるので、
美味しいちりめん山椒にすることができます。

商品イメージ

大正5年(1915年創業)岩屋港の内田水産

大正5年創業で、当代で3代目となる内田さん。
ちりめん加工を始めたのは戦後すぐとのことです。
何よりも鮮度に気を使い、自ら目利きした状態の良い「しらす」のみを仕入れ、
釜入れから天日干しまで一貫して生産を行っていますので、
その品質は神戸中央市場でも高く評価されています。

ちりめん山椒のてまり寿司

すし飯に生炊きちりめん山椒を混ぜて、ひとくちサイズの手まりずしに。
トップにもちりめん山椒をのせ、山椒の葉 を添えて。

料理イメージ

◆材料
白米 5合
ちりめん山椒 50g
木の芽 適量
 
  酢 100cc
  塩 15g
  砂糖 45g
◆調理
Aを全て合わせる。(熱を加えなくてもOK)
温かいご飯に1をまんべんなくかける。
ちりめん山椒も2にかける。
ちりめん山椒を5gと、3の適量(20g~30g)をサランラップで丸め、
数個作ってお皿に盛る。
木の芽をちぎって4の上に飾る。

インフォメーション

  ちりめん ちりめん山椒
名称 煮干魚類 佃煮
原材料名 いわしの稚魚(兵庫県産)、食塩 いわしの稚魚(兵庫県産)、醤油(小麦、大豆を含む)、砂糖、みりん、山椒
内容量 500g 500g
賞味期限 3週間 3週間
保存方法 要冷蔵(3℃~ー5℃)で保存 要冷蔵(10℃以下)
製造元 有限会社内田水産 有限会社内田水産
備考 本製品で使用している原材料はエビ・カニ・イカ等が混ざる漁法で採取されています。 本製品で使用している原材料はエビ・カニ・イカ等が混ざる漁法で採取されています。

アレルギー物質 (ちりめん山椒のみ)

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

【ギフト】淡路島産ちりめん、生炊きちりめん山椒セット

価格: ¥4,200 (税込)
[ポイント還元 42ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ