淡路島のブランド米・鮎原米【3kg】

鮎原米

淡路島の誇る鮎原米 キヌヒカリ(平成29年産)

夕日が美しい淡路島の洲本市五色町鮎原(あいはら)地区。
この地を流れる「天神川」の水は清く、鮎がたくさん棲むことから、
「鮎原」の地名で呼ばれるようになったと言われます。
美しい水源に恵まれた鮎原は、淡路島でも粘土質の肥沃な土地で知られています。

淡路島で「鮎原米」と呼ばれ、島の人々に愛されてやまないお米が、この「淡路島産キヌヒカリ」です。
炊き上がりのご飯の色が白く、「絹の光沢」を持つということから名付けられた「キヌヒカリ」は、炊きあがればつややかな光沢が出て美しく、口当たりがよくあっさりしていて、適度な粘りをもつお米です。
冷めると「やわらかいまま甘みが増す」という特徴があり、硬くもなりません。
甘みと深みはある一方癖はなく、おかずの味を邪魔しない、さっぱり上品な味のお米で、その口当たりは、根強い人気を頂いています。
毎日のご飯にはもちろん、硬くもならないので年配の方にも好評です。また冷めてもべちゃつかないので、お弁当やおにぎりにも喜ばれます。

素材の味を引き立たせるということからお寿司に使われることも多いお米です。
炊き上がりの美しさと程よい香りと粘りが特徴のキヌヒカリ、最もおすすめの食べ方は、白米そのものを味わう食べ方です。
口当たりの良さと炊き上がりの美しさから寿司屋での需要が高く、関西の寿司屋でのシェアが非常に高いのが、キヌヒカリです。
さっぱりとした食味は、酢飯はもちろん白米としても重用され、コシヒカリでは味や粘りが強すぎると感じる高齢者からの支持も増えているお米です。
つややかで一粒一粒がしっかりしていて、もっちりして、お米本来の甘みが感じられる淡路島の誇る鮎原米 キヌヒカリをご賞味あれ。

キヌヒカリ

インフォメーション

名称 精米
原料玄米 複数原料米(淡路島鮎原産)
内容量 3kg
販売者 淡路米穀株式会社
備考  

淡路島のブランド米・鮎原米【3kg】

価格: ¥1,944 (税込 ¥2,100)
[ポイント還元 21ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ