京都祇園のイタリアン「イル・ギオットーネ」笹島シェフおすすめ!
島の風土が練り上げた生パスタ「EGG型」&「淡路産牛のボロネーゼソース」

商品イメージ

老舗製麺所・淡路麺業の本格生パスタ「EGG型」と「淡路産牛のボロネーゼソース」
ご家庭でイタリアンレストランの味を再現できるセットです

日照時間が豊富で地中海性気候に近い淡路島で、明治42年創業の淡路麺業が作る「究極の生パスタ」をご紹介いたします。

生パスタとは小麦粉に塩、水、卵を練り込み、熱を加えずに作られるパスタのこと。乾麺のパスタに比べてデュラム小麦の香りが豊かで、モチっとした食感です。

素材・配合・製法等の研究を重ねられた淡路麺業の生パスタは、全国の一流ホテルやレストラン約2,000店ものシェフに選ばれ、愛用されています。また、工場にはレストラン(PASTA Fresca DANMEN)が併設されており、そちらで直に聞いたお客様の声をもとに研究開発を続けているのだとか。

数十種類ある淡路麺業の生パスタから人気の「EGG型」をお届けいたします。さらに、こちらにぴったりのベースソース「ボロネーゼソース」も付いたこちらのセット。イタリアンレストランで食べるような本格的な「ボロネーゼ」を、ご家庭で簡単に再現できるセットです。

商品イメージ

生パスタとは ―乾燥パスタとの違い―

一般的な乾燥パスタは、小麦粉と水を練り成形した後、乾燥させる際に熱が加えられます。そのため、パスタの表面からでんぷん質が出にくく、ダシが入りにくい構造になっています。ソースと絡める際にゆで汁を加えるのはでんぷん質を補うため。また、パスタの中にダシが入りにくいのでパスタの表面に味をつける必要があるため、ソースが重くなりがちです。

一方、淡路麺業の生パスタは生地を練り、冷却しながら成形されます。加熱していないため、デュラム小麦の香りが損なわれません。パスタの中にダシが入りやすく、でんぷん質が出やすいのでソースと絡めやすく、誰でも簡単にプロのようなパスタに仕上げることができます。

商品イメージ

プロの現場から

IL GHIOTTONE
イル・ギオットーネ

商品イメージ

「生パスタ」を使った穴子の天ぷらのパスタ

コシがあるのに、のびにくい麺。

「京野菜を使ったイタリアン」で有名な「イル・ギオットーネ」のオーナーシェフ、笹島保弘さんも、淡路麺業の生パスタを使っています。大きなイベントで、たくさんの料理を用意する必要がある時など、ゆで時間の短い生パスタは便利です。もちろんそれも理由の一つですが、しかしそれ以上に、求めるクオリティにしっかりと応えてくれるのが「淡路麺業の生パスタ」とのこと。「乾麺だと、コシのある麺ほど、早く伸びてしまう、この生パスタは、しっかりとコシがあるのに、時間が経ってものびにくい」と驚きを込めておっしゃっていました。「ガッツと男気を感じる」という淡路麺業の出雲さんとの付き合いは、もう10年ほどになるそうです。

生パスタをより美味しく食べるには?

とにかく「ダシ」を良く吸うので、茹で時間は短めに。イル・ギオットーネでは、「お湯」でゆでるのではなく、「昆布だし」など、そのパスタにあった「ダシ」でパスタを茹でて、旨味を吸わせているそうです。

ソースに絡ませる時も、フライパンのソースの中で麺をゆすり、しっかりとソースを吸わせるのがポイントです。

笹島シェフ
イルギオットーネ
イルギオットーネ
イルギオットーネ

「生パスタ」使っています!

IL GHIOTTONE(イル・ギオットーネ)
オーナーシェフ 笹島保弘さん

////////////////////////////////////////////////////

(略歴)
1964年大阪生まれ。
高校卒業後、料理の世界へ。関西のイタリアン数店で修業。フジテレビ「料理の鉄人」では、初の東西イタリアン対決も経験。
「もしイタリアに京都という州があったら、こんな料理があったかも」をコンセプトに京都発信のイタリアンを目指し、オーナーシェフとして「イル・ギオットーネ」開店。東京、大阪にも出店し、大人気のお店となっている。
2007年 イタリアのミラノで開催された料理サミット「イデンティタ・ゴローゼ」に日本人として初参加。

「料理は、音楽と同じように、自分が生きた証として残っていく。受け継がれ、改良され、発展していく。いい仕事だと思います。」と、後進の育成にも力を注ぎ、弟子たちも全国各地のレストランで活躍している。今後は海外展開も視野に入れ、益々活動の場が広まっている。

イル・ギオットーネ

商品イメージ

断面がたまご型でお米のような弾力
しっかりとした噛みごたえの「EGG型」パスタは淡路産牛のボロネーゼ

断面が2mm×3mmの「EGG型」。しっかりとした噛みごたえがあり、ラグーソース、トマトソース、クリームソースなどとの相性が良いパスタです。
このEGG型パスタにぴったりのボロネーゼソースをセットでお届けいたします。ニンニクとチーズをプラスするだけで、淡路産牛の旨みたっぷりの「ボロネーゼ」をお作りいただけます。

淡路産牛のボロネーゼ

商品イメージ

◆材料(1人分)
生パスタ(EGG型) 1袋
ボロネーゼソース 1袋
エクストラバージンオリーブオイル(炒め用) 10cc
ニンニク 1/2片
お湯 1L
粗塩 10g
エクストラバージンオリーブオイル(仕上げ用) 10cc
パルミジャーノ(粉チーズ) 15g
◆作り方
【下準備】ニンニクをスライスする。
【ソースを煮詰める】フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクを炒め、キツネ色になったらニンニクを取り出す。ボロネーゼソースを加えてひと煮立ちさせ、中火でソースが7割程度になるまで煮詰め火を止める。
【生パスタを茹でる】沸騰したお湯に粗塩を加えて生パスタをほぐしながら入れ、2分30秒茹でる。茹で上がったらお湯を切る。
※茹でるときに混ぜるとパスタがくっつく原因になります。ほぐす程度にしかさわらないでください。ふきこぼれそうになったら、さし水はせずに火を弱めてください。
※凍ったまま茹でる場合は、沸騰したお湯に投入し、再沸騰してから20秒後に軽くほぐしてください。茹で時間はプラス30秒してください。
【パスタを投入する】再びフライパンを火にかけ、ソースが沸騰しているところに茹で上げたパスタを入れる。
【ソースを吸わせる】フライパンを揺すりながらパスタにソースを20秒吸わせ、全体を2~3回だけ混ぜる。
【オリーブオイルを入れる】火を止めてオリーブオイルを入れる。
【乳化させる】パルミジャーノを入れて、フライパンを揺すりながらオリーブオイルが全体に混ざるように10回混ぜ乳化させる。
※乳化とは、「水」と「油」、つまり「ソース」と「オリーブオイル」を振動でくっつけることを言います。
※オリーブオイルの香りが強い、表面にツヤがない、ソースにとろみがない場合は続けて混ぜてください。パスタがダマになっている場合は、昆布だしを少し足して混ぜてください。

レシピ考案:淡路麺業株式会社

セパレーター

生産風景
淡路麺業の生パスタ

生産風景

昔ながらの手打ち製法を生かして

淡路麺業は創業明治42年の老舗製麺所です。うどんの製麺からはじまったという同社。現在では、明治時代から100年以上続くうどんの製麺技術を生かして、生パスタの製麺に力を入れています。

一番のポイントは、粉と水を練った後、生地を休ませること。うどんを製麺する際も生地を休ませるように、生パスタも生地を休ませることで熟成し、コシのあるパスタに仕上がります。

生産風景

数種類の小麦を配合して異なる食感を生み出す

パスタに使われる小麦は主に、硬質小麦に分類される「デュラム小麦」。淡路麺業では、カナダ産デュラム小麦の中心部のみを使用した粉を使っています。他、数種類の小麦粉を使用し、配合比を変えることで、パスタの種類ごとに異なる食感を作り出しています。

生産風景

兵庫県・赤穂の塩

パスタを製麺する上で大切な塩は、兵庫県・赤穂産のものを使用。

生産風景

卵で食感にバリエーションを

パスタの種類によって、生地に卵を練りこんでいます。卵を加えることで、歯切れのよい食感を出すことができるのだそう。パスタごとに配合を変え、様々な食感を表現しています。

生産風景

熱を加えず、水分を飛ばさないことで
小麦本来の風味と独特の食感が楽しめる生パスタに仕上がります

一般的な乾燥パスタは生地を製麺機から押し出して熱を加え、水分を乾燥させています。乾燥パスタの食感はプリっとした歯切れのよい食感。しかし熱が加わることで、小麦の香りが損なわれてしまうというデメリットもあります。
一方、淡路麺業の生パスタは、成形する際に熱を加えていません。そのため、小麦本来の風味が生きていて、生パスタ特有のモチモチ、プリッとした食感を楽しむことができます。

生産風景

「本当においしいパスタ麺を多くの人に味わってもらいたい」

「うどん、そば、ラーメン。どれも外食では生麺を使うのが主流なのに、パスタは乾燥麺が主流。パスタも美味しいものを追求していくと生麺に辿り着くのではないか。そう考えたことがきっかけでした。」と語るのは五代目社長の出雲文人さん。工場併設の店舗「PASTA Fresca DAN-MEN(パスタ フレスカ ダンメン )」でも同社の生パスタを味わうことができます。「お召し上がりいただいたお客様の反応を生で見て、そのご意見を商品づくりに生かしています。」

淡路島でデュラム小麦を栽培し、その小麦粉を使って生パスタを製造するという取り組みもされている同社。長年培った手打ちの技術と、素材の追求、パスタへの愛情が作り出した生パスタ、ぜひご賞味あれ。

インフォメーション(EGG型 + 淡路産牛のボロネーゼ)

  EGG型 淡路産牛のボロネーゼ
名称 生スパゲッティ ミートソース
原材料名 デュラム小麦のセモリナ、食塩、着色料(クチナシ色素)、(原材料の一部に小麦を含む)

ミートソース(牛肉、トマト、トマトソース、オニオンソテー、赤ワイン、にんじん、牛脂、にんにく、甘味果実酒、オリーブオイル、乾燥ポルチーニ茸、食塩)、昆布エキス、(原材料の一部に牛肉を含む)

内容量 100g 160g
賞味期限 1ヵ月 1年
保存方法 要冷凍(-18℃以下) 要冷凍(-18℃以下)
凍結前加熱の有無 加熱してありません。 加熱しておりません。
加熱調理の必要性 加熱してください。 加熱してお召し上がりください。
製造者 淡路麺業株式会社 沖物産株式会社
備考 本製品工場では、乳・イカ・大豆を含む製品を生産しております。 加熱してお召し上がりください。
解凍開封後は、賞味期限に関わらずお早めにお召し上がり下さい。

アレルギー物質(EGG型)

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

アレルギー物質(淡路産牛のボロネーゼ)

特定原材料 えび かに 小麦 そば 卵 乳 落花生

島の風土が練り上げた生パスタ「EGG型」&「淡路産牛のボロネーゼソース」

価格: ¥600 (税込 ¥648)
[ポイント還元 6ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

ページトップへ